関根勤、初監督作公開を記念してパーティ開催「普通はヒットした時にやる」

タレントの関根勤が初めて監督を務めた映画『騒音』が23日、初日を迎えた。これを記念して同日夜、映画の出演者や関係者を招いて本作の公開記念パーティが催され、出演した温水洋一、村松利史、酒井敏也、飯尾和樹、岩井ジョニ男、キャイ〜ン、小堺一機ら豪華な顔ぶれが一堂に会した。


パーティの冒頭では関根が「普通これ(パーティ)はヒットした時にやることです」といって笑いを誘い、映画の関係者に向けて「みなさんと一緒に楽しく仕事ができたことが本当に嬉しくて、もういつ死んでも構わないくらいの気持ちなんですけど、いやまだまだ死ねないなという気持ちのほうが上でございます」と話して早くも会場を和ませた。

続いて本作に出演した俳優陣が壇上で挨拶。
温水洋一は「こういう主演をやることはもう2度とないなと思いながら、使っていただいた監督の勇気に感謝します」、村松利史は「関根さんは出てきた時から常に面白くて、第一線でずっとバカバカしいことをやり続けてきた。そういう方に呼んでいただけたことが嬉しい」と関根監督のキャスティングに感謝の言葉を述べ、酒井敏也が「関根監督、もう1回撮ってくださいよ」と続編を熱望すると、会場は大きな拍手に包まれた。

パーティの合間に囲み取材に応じた関根は、この日行われた舞台挨拶を振り返り、「初回ということで本当にファンの方が来てくれたので温かかったですね。期待して来てくれて、一応期待には応えられた感じはした」と手応えを得た様子。
映画にはタモリや明石家さんまも友情出演。2人が映画で共演するのは『丹波哲郎の大霊界2 死んだらおどろいた!!』(1990年)以来とあって、関根は「丹波哲郎さんとキャスティング力が並んだ」と、おどけていた。

映画は開発地区の騒音に悩む東京都S区を舞台に、突如出現した“地底人”と、地底人に免疫ある“オヤジ”たちの戦いを描くコメディ作品。23日より全国順次ロードショー。



この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでTOKYO POP LINEをフォローしよう!

関連記事


Top