乃木坂46・白石麻衣の男装姿を松村沙友理が絶賛「より神に近づいた」

乃木坂46

乃木坂46の白石麻衣、西野七瀬、生田絵梨花、松村沙友理、高山一実、若月佑美が7日、都内で行われた、はるやま商事のメディア発表会に出席した。


2月9日より全国で放映されるフレッシャーズキャンペーンの新CM「春イチバンになれ。」篇には、乃木坂46のメンバーが「はるやま」のメンズスーツを身にまとい、男装姿で出演。

撮影時にはそれぞれにキャラ設定をしたようで、「私立大学出身のリチャード」という設定の若月は「乃木坂の運営委員長の方から『男性グループがあっても推したい』と太鼓判をいただいたので、嬉しかった」と、男装姿が好評だったよう。
生田は「かずや(高山)が架空のユーチューバーみたいなことをしてました。スマホで自撮りしながら『俺の友達を紹介します』って、リチャードを呼んだり、マイケル(桜井玲香)を呼んだりしているのを見て、リアルな男子校生活を覗いているようだった」と現場の雰囲気を伝えた。

その高山は白石の手を引くシーンで照れてしまったエピソードを披露。「恥ずかしくて、目を合わせられなかったんですけど、ちゃんと目を合わせてと言われて……」と意外なところで苦戦したことを明かすと、白石も「すごい恥ずかしかった。もう高山が男にしか見えなくて、緊張しました」と照れ笑いを浮かべていた。
折に触れて“白石愛”を炸裂させている松村は、「男装すると容姿のきれいさが際立つ」と力説。「女の時はこうやってできるけど……」と白石の腕にしがみつきながら、「男装すると顔がきれいすぎて、より神の域にいった感じがしました」と、その美男子ぶりを絶賛した。

新CMには、前作から約半年ぶり、昨年末のレコード大賞受賞後初のリリースとなる乃木坂46の20thシングル「シンクロニシティ」(4月発売予定)がCMソングとして使用されている。
白石は「疾走感のある、すごく気持ちの良い楽曲」と紹介し、「まだレコーディングでしか歌ってないんですけど、楽しみにしていただけたら」とメッセージ。
松村は「フレッシャーズというテーマにも合ったさわやかさもあるし、春にピッタリな曲だと思います」とアピールした。

先月31日には生駒里奈が20thシングルをもって乃木坂46を卒業することを発表したばかり。コメントを求められた白石は「直前に知ったので本当にビックリしたし、まだ早いんじゃないかなとも思ったけれど、生駒ちゃんなりに新しい道でまた輝いていけるように、私たちも背中を押して応援していけたら。残りを時間を楽しく過ごしたい」と心境を語った。


この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでTOKYO POP LINEをフォローしよう!