けやき坂46初の舞台公演が開幕 10人1役に苦戦も…「素敵な機会に感謝」

けやき坂46

けやき坂46による初の舞台公演『あゆみ』が本日4月20日(金)より、渋谷区のAiiA 2.5 Theater Tokyoにて開幕。同日、初日の公演に先立って、報道陣向けの公開ゲネプロと囲み取材が行われた。


本舞台は、「あゆみ」という1人の女性の人生を10人で演じるという個性的なスタイルの演劇。けやき坂46のメンバー20人が「チームハーモニカ」と「チームカスタネット」に分かれてWキャストで公演を行う。
この日は「チームハーモニカ」の10人が公開ゲネプロに臨んだ後、「チームカスタネット」の10人を加えた20人で報道陣の前に姿を見せた。

けやき坂46にとって初の舞台公演となるが、決まった時の心境を聞かれた加藤史帆は「『嘘でしょ?できない』と思った。舞台について何も知らなくて、怖いとか不安とかそういうことしか考えられなかった」と戸惑いを明かしつつも、「本格的な稽古が始まると演出家の(赤澤)ムックさんをはじめ、スタッフさんが丁寧に指導してくださって、20人で支え合って稽古期間を過ごせたので仲も深まったし、いま舞台をやっていて楽しいと思えるので、今回このような機会をいただけたことにすごく感謝しています」と稽古を通して得た手応えを口にする。
潮紗理菜も「初めてということで不安も大きかったし、いろいろな感情が生まれたんですけど、昨年みんなでドラマをやらせていただいて、演技の楽しさを学ばせていただいたので、ジャンルは違うかもしれないけれど、またこうしてお芝居ができるのが嬉しかったし、ワクワクしました。素敵な機会をいただけて感謝の気持ちでいっぱいです」と声を弾ませた。

本舞台では主人公のあゆみのほか、父親、母親、同級生や先輩、同僚、子ども、さらに飼い犬までをチームの10人で演じ繋いでいく。そのため、通常の舞台公演のように1人1役ではなく、1人に必ず2役以上の配役がある。
渡邉美穂は「各シーンごとに役も違ってくるし、その時の感情も違うので、場面ごとに感情の切り替えが難しい。背格好や声質で男性なのか女性なのか、若い人なのか年老いた方なのかというのを見ている方に一瞬で理解してもらうために、身体を使って表現するということに苦労しています」と、本舞台ならではの難しさを語る。
「チームハーモニカ」では佐々木久美と松田好花が飼い犬役にも挑戦。けやき坂46メンバーの中でも高身長の佐々木久美は「好花ちゃんは小型犬なんですけど、私は大型犬に見えるってスタッフさんに言われて、でも同じ犬の役なので共通にするのが難しかった」と2人1役に苦戦したことを明かした。

キャストは役を演じていない間も舞台中央で演技を続けているため、約1時間30分の公演中、舞台に出ずっぱり。
影山優佳は「そのぶんずっと舞台に集中していられるので、ずっと出っぱなしというのが逆に私たちのモチベーションをあげてくれる仕掛けになっている」と話し、「ドライアイなので目薬がさせなくてそこが唯一困っている」と苦笑。加藤も「(中央で)寝っ転がるシーンがあるんですよ。そこが唯一休めるシーンなので、とても好きです」と明かして笑わせた。

また、公演のパンフレットに「もう妹分、アンダーなんで言わせない… どの坂だって越えてみせる!」と書かれていることについて聞かれた佐々木久美は「漢字(欅坂46)さんに比べたらまだ知名度も低いし、成し遂げてきたことも少ないんですけど、私たちの良さをいろんな人に知ってもらえるきっかけというか、この舞台が1つのチャンスになったらいいなと思っています」と公演にかける思いを語った。

けやき坂46「あゆみ」は、5月6日(日)まで同所にて上演。

■チームハーモニカ:
井口眞緒 潮 紗理菜 加藤史帆 齊藤京子 佐々木久美 高瀬愛奈 東村芽依 松田好花 宮田愛萌 渡邉美穂
■チームカスタネット:
柿崎芽実 影山優佳 佐々木美玲 高本彩花 金村美玖 河田陽菜 小坂菜緒 富田鈴花 丹生明里 濱岸ひより


この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでTOKYO POP LINEをフォローしよう!

関連記事


Top