長瀬智也、緊張する後輩・阿部顕嵐をフォロー

映画「空飛ぶタイヤ」完成披露試写会

映画「空飛ぶタイヤ」完成披露試写会

TOKIOの長瀬智也とLove-tune/ジャニーズJr.の阿部顕嵐が23日、都内の劇場で行われた映画『空飛ぶタイヤ』の完成披露試写会に、ディーン・フジオカ、高橋一生、深田恭子、寺脇康文、小池栄子、中村蒼、浅利陽介、本木克英監督とともに登場した。


映画初出演となった阿部が「すごく今、空を飛んでいる気持ちです」と作品のタイトルにかけて緊張を表現すると、先輩の長瀬から「もうちょっと詳しく聞かせてもらってもいいですか?」とイジられ、「そこにはツッコまないでください」と照れ笑い。
自身が演じた整備士の門田駿一役について「外見は金髪で、だけど点検は人一倍やってるっていう“出来る男”なんですけど、若さとか関係なく、年齢問わず、何かに立ち向かっている、戦っている姿に共感していただけると嬉しいですね」と紹介し、「最後まで赤松社長についていく姿を見守ってくれて……見守ってください。そうですね、すごい緊張しております」と、たどたどしく話すと、長瀬が「コメントも空を飛んでます」と笑いに変えてフォローした。
寺脇が「先輩・後輩の感じで」と2人のやりとりに温かい眼差しを向けると、阿部は「はい。現場でも長瀬くんを筆頭にたくさんの方に支えられて、引っ張ってもらいました」と撮影を振り返った。

長瀬智也

長瀬智也

映画が自分の正義や守るもののために戦う物語であることから、舞台挨拶ではキャストに「守りたいもの」を質問。
長瀬は「やっぱり、愛する人じゃないですかね……いれば」と回答した後、「あとはやっぱり寺脇さんを守りたいっすね」と、デビュー間もない頃に出演したドラマでも共演した寺脇の名前を挙げる。これに寺脇本人も「え?守ってくれるの?俺を?」とビックリ。長瀬は「本当にね、昔からお世話になったんですよ。役者の世界でもね、これだけ年離れたらなかなかコミュニケーション取りづらいじゃないですか。でも昔からこうやってね、寺脇さんのほうから話しかけてくれたりとか、合わせてくれた。大人になってからすごくありがたみを感じている」と、分け隔てなく接してくれた寺脇への感謝の想いを明かす。
「長生きしてください」と長瀬に頭を下げられた寺脇は「わし、おじいちゃんじゃないんだから」と苦笑していた。

映画は、「半沢直樹」「下町ロケット」の原作で知られる池井戸潤の同名小説が原作。あるトレーラーが起こした死亡事故をめぐり、トレーラーを所有する運送会社の社長・赤松が製造元である大企業のホープ自動車に立ち向かっていく物語。

主演を務めた長瀬は「僕は池井戸さんの作品には初めて出させていただきまして、なかなか慣れない社会派のドラマに挑戦させていただいたんですけど、この作品のメッセージに非常に共感しまして、このメッセージを皆さんに届けるために今日まで頑張ってきた気がします」と映画の完成を喜ぶ。
ディーンは「生きているといろんなことがありますけど、前に向かう勇気をこの作品を観ることで得られるんじゃないかなと思っています」と語り、高橋も「一歩を踏み出す勇気をきっとこの映画から皆さんが感じ取っていただけるんじゃないかと期待しています」と作品に込めた想いを語った。
メガホンをとった本木監督は「これだけの実力もあるキャストの方たちが集まってくださったおかげで、それからスタッフ200人近くの熱意もありまして、僕が予想していたより10倍くらいいい映画になりました。相当濃密な、まさしく今の社会にタイムリーな作品になったのでは」と完成に自信を見せた。

映画『空飛ぶタイヤ』は6月15日(金)より全国公開。


この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでTOKYO POP LINEをフォローしよう!

関連記事


Top