菅田将暉&土屋太鳳が劇場スタッフに 主演作初日に観客お出迎え

映画「となりの怪物くん」初日舞台挨拶

映画『となりの怪物くん』が27日に公開初日を迎え、菅田将暉、土屋太鳳、古川雄輝、山田裕貴、池田エライザ、浜辺美波、速水もこみち、月川翔監督がTOHOシネマズ日比谷で初日舞台挨拶を行った。


W主演の菅田と土屋はこの日、舞台挨拶前に劇場スタッフとして観客の誘導やアナウンスを体験。その時の模様がスクリーンに投影されると、劇場スタッフの黒いコスチュームが様になっている2人に、山田も「ガチやんこれ」と感心しきり。
菅田は「こういう人いるでしょ?すごい映画が好きで(映画館で)働いたんだなっていう。俺見たことあるもん、長髪でメガネの人」と、自身のなりきりぶりに胸を張った。

実はこれは、先日行われた本作のPRイベントで、菅田が「負けたら何でもする」と宣言して“怪物との対決”という企画に臨んだ結果、敗北を喫したためやることに。菅田は「僕らは劇場にお世話になりっぱなしなので、感謝の気持ちを込めてやらせていただきました」と説明。
さらに、いままさに舞台挨拶が行われているスクリーンの場内を2人が清掃している姿が映し出されると、会場は驚きの声に包まれた。菅田は「みんなポップコーンとかこぼさないでね、大変なんだから。ゴミはゴミ箱に捨てる!」と呼びかけて笑わせていた。

さらに、菅田が「立ち方は太鳳ちゃんに教わりました」と話すと、土屋が「弟が渋谷の映画館でアルバイトしている」と明かす。弟から映画館での仕事について聞いていて以前から興味があったといい、「映画館はやっぱり映画の神様がいる気がするから、今日はご恩返しができたような気持ちで、とってもうれしかったです」と笑顔を見せた。

映画は、コミックス累計発行部数610万部を超える同名漫画が原作。友達も全くいない、恋もしたことのないガリ勉・冷血な女子高生が、となりの席の問題児男子に、ふとしたことがきっかけで唐突に告白されたことから始まる物語。行動予測不能な問題児・吉田春を菅田が演じ、ガリ勉、冷血のヒロイン・水谷雫を土屋が演じる。

初めての友達、初めての恋、初めてのキス、初めてのケンカ、初めての三角関係と、たくさんの“初めて”に彩られた作品であることから、舞台挨拶では「初めてやってみたいこと」をキャストがフリップに書いて発表することに。
土屋は「ホームパーティーをしたい」と書き、「友達とずっと『したい、したい』って言ってるんですけどできていなくて、もこみちさんからフライパンをいただいたので、『MOCO’Sキッチン』を参考にしながら、大皿料理を作りたい」と目を輝かせていた。


この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでTOKYO POP LINEをフォローしよう!