山田孝之、久々のラブストーリーは「ご褒美」 平井堅の主題歌に複雑な心境も

映画「50回目のファーストキス」完成披露試写会

映画『50回目のファーストキス』の完成披露試写会が30日、都内で行わえ、W主演を務めた山田孝之と長澤まさみをはじめ、勝矢、太賀、山崎紘菜、佐藤二朗、福田雄一監督が出席した。


映画は、ハワイのオアフ島を舞台に、事故による後遺症で新しい記憶が1日で消えてしまう短期記憶障害を抱える瑠衣(長澤まさみ)と、そんな彼女に一目惚れした元プレイボーイのツアーコーディネイター・大輔(山田孝之)の恋模様を描くラブストーリー。

山田は今回のオファーについて「18年くらい俳優をやっているんですけど、やっとご褒美がきたなと思いました」としみじみ。「福田組でハワイで長澤さんとご一緒できて……チューいっぱいする。もっと言ってしまえば仕事ですからお金ももらえる」と、おどける。すると福田監督が山田に最初にメールで本作の話を伝えた際に「断る理由がありません」と返信があったことを明かし、会場を爆笑させた。
山田は「ごめんなさい、全部冗談です」と訂正し、「私ですね、昔よくラブストーリーをやっていたんですよ。そこからしばらく他のこともやりたいなと、福田監督の『勇者ヨシヒコ』とかいろいろやってきた。そろそろラブストーリーがやりたいなと、4年くらい前から本当に思ってたんですよ。そしたら(今回のオファーが)来たんですよ。これはもう断る理由がない」と真面目な動機を語ったが、佐藤から「最初のが(記事に)使われると思うよ」と言われ、肩を落としていた。

舞台挨拶ではスケジュールの都合により参加できなかったムロツヨシからのメッセージVTRがスクリーンで放映され、さらに本作の主題歌『トドカナイカラ』を歌う平井堅とも中継が繋がれた。
実は会場近くにいるという平井に福田監督が「来ちゃってくださいよ」と呼びかけると、平井が「そうですね、お邪魔かもしれないですけど」と応じ、中継が終わると同時に平井がサプライズ登場。会場は大歓声に包まれた。

その後、舞台挨拶は平井と山田がスペイン料理店で偶然会った話や、平井と佐藤が東京駅で偶然会ったエピソードなどで大盛り上がり。平井は「もう今、福田組に入れてうれしいです」とご満悦だった。
主題歌について「ストーリーが美しいのでどうしようかと本当に悩んだんですけど、幸せなものと背中合わせの壊れやすいものを歌にできればと思って書いた」と語る平井に、福田監督は「エンドロールで流れる主題歌を聴いているだけで泣ける」と大絶賛。
しかし山田は「本当だったら素直に喜べるんですけど福田組なので……ちょっと1回損した気分ですね。平井堅さんに書いてもらうなら、もっとちゃんとした場で書いてもらいたかった」と複雑な心境を吐露していた。

映画『50回目のファーストキス』は、6月1日(金)全国公開。


この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでTOKYO POP LINEをフォローしよう!