吉本坂46、173人が2次オーディション通過 3次選考は一般投票で

吉本坂46第2次オーディション合格発表

秋元康氏と吉本興業がタッグを組んだプロジェクト・吉本坂46の第2次オーディション合格者が1日、東京・新宿区の吉本興業東京本部などで発表された。


よしもと所属タレントから1,747名が応募した第1次オーディション(書類審査)では751名が合格。第2次オーディションではグループオーディションでの自己PR、歌唱審査を経て、173名の合格者が決定。合格発表は、吉本興業東京本部(新宿)、ヨシモト∞ホール(渋谷)、よしもと漫才劇場(大阪・なんば)の3か所で行われた。

自分の名前を探す芸人たち
自分の名前を探す芸人たち
吉本興業東京本部の中庭には、村上ショージやレイザーラモン、レギュラー、バイク川崎バイクら30人以上の芸人たちが集まった。
社屋の屋上から第2次オーディション合格者173名の名前が書かれた垂れ幕が下ろされると、自分の名前を見つけて歓喜の声をあげる者や、不合格の悲しみを一発芸で表現する者など、中庭は混沌とした状態に。
さらに、この場で選考過程の追加が発表され、予定では次の審査が秋元氏も参加する最終オーディションとなっていたが、急遽、最終オーディション前に第3次オーディションが追加されることに。村上ショージは「ほんまに秋元先生来んのか?」と、プロジェクトへの不信感を露わにして笑いをとった。

第3次オーディションは「自分CM」をテーマにエントリー者それぞれが15秒の自己PR動画を制作。動画は吉本坂46の公式サイトにアップされ、一般ユーザーからの投票によって審査される。上位10名が次の審査に進出、下位30名が落選となり、いずれにも該当しない中間層には、次の審査に進むため新たな課題が与えられる。村上が「一般人ではわからん!秋元先生呼んでこい!」と声を張り上げると、若手芸人たちが同調して盛り上がる一幕も。

合格発表後には報道陣による囲み取材が行われた。
不合格となったコロコロチキチキペッパーズのナダルは、「なんで坂田師匠が受かって僕が落ちるんですか」と腑に落ちない様子。「受かりたかったのに、なんかギリギリ落ちました」と悔しさをにじませた。
2次審査では審査員の前で「できるかぎりの特技を全部やった」といい、その場で、手の甲の血管を動かしたり、フクロウのモノマネや手の血管を動かすなど、地味な特技を披露。「敗者復活があればやりたい」と諦めきれない様子だった。
カラテカ・入江慎也は、「マネージャー希望でオーディションを受けた」と衝撃発言。「秋元さん側にいきたいんです」と、あくまでも裏方志望であることを強調し、「(表に)出る気は全然ないです。ダンスも歌もできませんから。その代わり人脈とか打ち上げの段取りには自信があります」とアピールした。

また、乃木坂46ファンを自認し、SNSで「吉本坂46落ちたらもう仕事しない」と発言するほどの意気込みを見せていたショコラのもりりかも第2次オーディションを無事通過。発表会場には姿を見せなかったが、「怖くて朝イチで発表見に行けなかったんですが二次審査合格してました」とTwitterを更新し、「ここまで来たら最後まで全力やるので応援よろしくお願いします!」と決意を新たにしている。

■吉本坂46 第2次オーディション合格者一覧
http://yoshimotozaka46.com/#passing_list


この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでTOKYO POP LINEをフォローしよう!