初の恋人役を演じる神木隆之介と有村架純

神木隆之介×有村架純、初の恋人役 「フォルトゥナの瞳」映画化

俳優の神木隆之介と女優の有村架純が2019年に実写映画化される『フォルトゥナの瞳』で初の恋人役を演じることがわかった。


「永遠の0」「海賊と呼ばれた男」の百田尚樹氏による同名小説を原作とする本作は、「死期が近い人間が透けて見える」という不思議な能力を身につけてしまった青年・木山慎一郎を主人公とした物語。
幼少期に事故で家族を失い、孤独に仕事のみに生きてきた彼は、自らの不思議な力に葛藤しながら過ごしていたある日、桐生葵という女性と出会う。明るく、自分に対し夢や自信を与えてくれる彼女に心惹かれていき、彼の孤独だった人生に彩りが生まれるが、幸せの絶頂の中、彼女の体が透け始めてしまう。

主人公の青年・木山慎一郎役の神木は、本作で本格ラブストーリーに初挑戦。自らの運命に翻弄されながらも、愛する人を守ろうとする強さを持った青年を演じる。
ヒロイン・桐生葵役には有村架純が決定。切ない運命を背負いながらも木山を支えようとする、明るく優しい女性を演じる。

初の恋人役を演じる2人。神木は「有村さんは過去に何度か共演させて頂きましたが、今回は恋人役ということで、どんなお芝居になるのだろうと、今からとても楽しみです」と期待を込める。
一方の有村は、過去に神木と共演した際の取材で「神木さんのラブストーリーが見てみたい」と話したことがあるそうで、「まさか、自分自身が相手役で実現するとは思ってもみなく、驚いています」とコメント。「とても信頼できる役者さんであり、安心感しかないので、楽しみながら一緒に頑張れたら嬉しいです」と語った。

メガホンをとるのは青春映画の名匠・三木孝浩監督。本作で三木組初参戦となる神木、有村の2人をどう演出するのかも注目だ。

神木隆之介コメント

このお話を頂く前に、たまたま原作を読んでいたので、お話を頂いた時は運命のようなものを感じました。
慎一郎がどのような道を選択し運命に向かっていくのか、一人の男として大切な事を教えて貰ったような気がします。
僕は今回、初めてラブストーリーに挑戦させて頂くのですが、とても緊張しています。
三木監督をはじめとするスタッフ、共演者の皆さんに助けて頂きながら精一杯、慎一郎を演じたいと思います。
有村さんは過去に何度か共演させて頂きましたが、今回は恋人役ということで、どんなお芝居になるのだろうと、今からとても楽しみです。
三木監督は初めてご一緒させて頂きます。何度かお会いしましたが、とても優しく、役者の気持ちに寄り添ってくださる方だなと思いました。

有村架純コメント

これまでとは一味違ったラブストーリーができるのではないかと、脚本を読んで率直に思いました。
出逢った二人が、本能的に惹かれあっていくさまを、微笑ましく、幸せに、どうかこの関係が壊れないでほしい、と思っていただけるように、一つ一つの描写を大切にしていきたいと思います。
神木さんとは、今回四度目の共演となりますが、過去に神木さんとご一緒した取材で「神木さんのラブストーリーが見てみたい」と答えたものが、まさか、自分自身が相手役で実現するとは思ってもみなく、驚いています。
とても信頼できる役者さんであり、安心感しかないので、楽しみながら一緒に頑張れたら嬉しいです。
監督の三木さんは、いつかご一緒してみたい監督の一人で、このご縁を無駄にしないように、全力で三木さんの演出にお応えしていきたいです。とても丁寧に向き合って下さる方で、今から撮影が楽しみです。

三木孝浩監督コメント

今回の作品で、長編としては初のジャンルにチャレンジ出来る事にとってもワクワクしてます。
ファンタジーであり、サスペンススリラーの要素もあるこの物語ですが、その根底に流れているのは愛の在り方を求めて彷徨う切ないラブストーリーであり、誰の身にも起こり得る選択と運命を描いた物語でもあります。
神木隆之介くん、有村架純さんという素晴らしいキャスト二人とともに、この儚くも美しいこの愛の物語を丁寧に紡いでいきたいと思います。

関連記事