大原櫻子、マクベス夫人役に不安も…体力には自信 画期的な新劇場で挑む音楽劇

「ONWARD presents 新感線☆RS『メタルマクベス』Produced by TBS」製作発表会見

新感線☆RS「メタルマクベス」製作発表会見

歌手で女優の大原櫻子が10日、都内で行われた劇団☆新感線による舞台『メタルマクベス』の製作発表会見に出席した。


本作は劇団☆新感線と宮藤官九郎が初タッグを組んで、2006年に初演された音楽劇。シェイクスピアの『マクベス』の世界観は変えずに、2206年の近未来と、バンドブームに沸く1980年代の日本を二重の構造に置き換え、ハードロックとヘヴィメタルの楽曲が作品を彩る。
今回、宮藤自ら脚本を書き直し、いのうえひでのりが演出にアレンジを加え、「disc1」「disc2」「disc3」とキャストを変えて、3作を連続上演する。

会見には、7月23日(月)に初日を迎える「disc1」から橋本さとしと濱田めぐみ、9月に開幕する「disc2」から尾上松也と大原櫻子、11月に開幕する「disc3」から浦井健治と長澤まさみの3組のマクベス夫妻と、脚本の宮藤官九郎、演出のいのうえひでのりが出席。

大原櫻子

大原櫻子

3組のマクベス夫人役の中で最年少の大原は、オファーを受けて「私がマクベス夫人かと驚いた。今は不安しかないです」と率直な心境を吐露。
夫婦を演じる尾上松也とは11歳差。会見では大原が「夫婦に見えるんですかね?」と案じると、尾上は客席に「見えますか?どうですか?」と問いかけ、会場から大きな拍手を受けて「ありがとう!うれしいよ」と満面の笑みを浮かべた。

また、会場のファンから「自分の中にロックやメタルな一面はありますか?」と質問された大原は、自身の『READY GO!』という楽曲に言及し、「いつも明るくて前向きな曲を歌っているんですけど、その曲を歌う時は『声だせー!』とか言って盛り上げて、発散してます」とライブで見せるアーティストの顔をのぞかせる。「その曲の時だけは常日頃溜まっている何かを爆発させています」と答えてから、「あんまり悪い意味にとらないでくださいね」と付け加えた。

大原が「disc2」で演じるマクベス夫人役は初演時は松たか子が演じており、今回の「disc1」では濱田めぐみ、「disc3」では長澤まさみが演じる。
会見後に行われた囲み取材では「女性らしい、こんなに色気のある方々ばかりの中でなぜ私が……大丈夫かしらというところがあるんですけど、だからこそ自分らしさというか、私が精一杯できる、オリジナリティのあるマクベス夫人をやれたら」と改めて意気込み。
会場となる「IHIステージアラウンド東京」は、2017年3月に豊洲にオープンした、客席が360度回転し、その周囲をステージとスクリーンが取り囲むという斬新なシステムの劇場。演者は舞台裏を駆け回ることになるが、大原は「そっちは大丈夫」と胸を張り、「ライブでも衣装替えとかでずっと走り回っているので。どこまで自分の体力があるのか楽しみ」と自信をのぞかせていた。


この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでTOKYO POP LINEをフォローしよう!

関連記事


Top