乃木坂46「真夏の全国ツアー2018」詳細発表 バースデーライブは2会場で併催

全国ツアーの詳細を発表した乃木坂46

乃木坂46が12日、愛知・ポートメッセ名古屋にて20thシングル「シンクロニシティ」の発売を記念した全国握手会を開催。会場で今夏行われる全国ツアーの詳細を発表した。


ツアーの開幕を告げるのは、延期となっていた「6th YEAR BIRTHDAY LIVE」。今年は明治神宮野球場と、隣接する秩父宮ラグビー場の2会場を使用して開催する。両会場あわせて6万人、7月6日(金)〜8日(日)の3日間で合計18万人を動員予定。

握手会では、ミニライブが行われた後、会場の大型スクリーンに「両会場に全メンバー登場!シンクロニシティLIVE」の文字が映し出された。メンバーにもサプライズの発表となり、キャプテンの桜井玲香は「これどうゆう状況?」「え、2会場同時?そんなこと出来るの?」と戸惑いの声を上げ、西野七瀬も「メンバーが2つの会場をいったりきたりする?みたいなことかな?」と驚きを隠せない様子。
桜井は「とにかくこの神宮ライブは今までにない新しい形になると思うので、ぜひぜひ見に来ていただけたらと思います!」とファンに呼びかけた。

あわせて全国での公演概要も発表となった。
昨年初開催した東京ドーム公演の勢いをそのままに、今年の「真夏の全国ツアー2018」は各地のスタジアムやドームなど過去最大級の規模で行われる。
福岡ヤフオク!ドーム(福岡)、ヤンマースタジアム長居(大阪)、ナゴヤドーム(愛知)、ひとめぼれスタジアム宮城(宮城)の4箇所8公演で、延べ34万6000人を動員する見込みだ。

乃木坂46 真夏の全国ツアー2018

■2018年7月6日(金)7日(土)8日(日)
 東京・明治神宮野球場 秩父宮ラグビー場 ※6th YEAR BIRTHDAY LIVE
■2018年7月21日(土)22日(日)
 福岡・福岡 ヤフオク!ドーム
■2018年8月4日(土)5日(日)
 大阪・ヤンマースタジアム長居
■2018年8月26日(日)27日(月)
 愛知・ナゴヤドーム
■2018年9月1日(土)2日(日)
 宮城・ひとめぼれスタジアム宮城

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでTOKYO POP LINEをフォローしよう!