真野恵里菜主演「青の帰り道」ドイツ開催の日本映画祭へ 横浜流星が現地で舞台挨拶

映画「青の帰り道」ティザービジュアル

女優の真野恵里菜が主演を務める映画『青の帰り道』(洋題:We are)が、5月29日から6月3日までドイツのヘッセン州フランクフルトで開催される世界最大の日本映画祭 第18回「ニッポン・コネクション」に出展されることが決定した。


「ニッポン・コネクション」は世界最大の日本映画専門の映画祭で、18回目の開催を迎える今年は「ニッポン・シネマ」「ニッポン・ヴィジョンズ」「ニッポン・アニメーション」「ニッポン・レトロ」「ニッポン・キッズ」「ニッポン・カルチャー」の6部門、合わせて100本以上の長編短編映画が上映される予定。「ニッポン・シネマ」部門へは本作品の他、『孤狼の血』『空飛ぶタイヤ』『三度目の殺人』などの出展が決定している。
本作のワールドプレミアでは、メガホンをとった藤井道人監督と出演者を代表して横浜流星が舞台挨拶を行う。
横浜は「監督、キャスト、スタッフ一丸となって創った、自分にとって忘れられない大切な作品です。今回『ニッポン・コネクション』への出展が決まり、とても嬉しいです。お邪魔させて頂くことになったので、1人でも多くの方にこの作品が届く様、携わって下さった方々の思いを胸に責任を持って届けたいと思います」とコメント。

本作は、群馬県前橋市と東京を舞台にした7人の若者達の青春ドラマで、それぞれの人生が交錯し、過去の思いを胸に抱きながら、新しい未来へ向かって進んでいくストーリー。
主演を務めた真野は「作品の完成がとても嬉しく、皆さんに観ていただけることが何よりも幸せに感じられる作品になりました。この作品に携わってくださった全ての方にとても感謝しています。学生時代一緒にいた7人には、それぞれの道・幸せ・困難があるのですが、その中で夢を追うこと、仕事をすること、家族を想う気持ち、仲間の存在、懸命に生きようとする姿に『何か』を感じていただきたいです」と作品に込めた想いを語っている。

映画『青の帰り道』は2018年冬公開予定。

©映画「青の帰り道」制作委員会

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでTOKYO POP LINEをフォローしよう!

関連記事


Top