PASSPO☆が解散発表 9/22ワンマンで9年の活動に幕

PASSPO☆

アイドルグループ・PASSPO☆が今年9月22日に中野サンプラザで開催するワンマンライブをもって解散することを18日、発表した。


運営スタッフは「昨年末より今後の活動やクルーそれぞれの将来について、本人達と話し合いを重ねてきた中で、別の道で挑戦したいという希望が出て参りました。その中であらゆる可能性を踏まえてクルー、スタッフ共にPASSPO☆という形を残すことに尽力してきましたが、『この7人で続けられないのであれば』という思いがあり、最終的に解散という道を選ぶこととなりました」と解散に至った経緯を説明。

PASSPO☆公式サイトに掲載された解散のお知らせ
PASSPO☆公式サイトに掲載された解散のお知らせ
マネジメントは可能な限りメンバーひとりひとりの未来を尊重し、バックアップしていく方針で、「解散後もPASSPO☆の楽曲を歌い継いでいきたい」という意思が揺るがなかった根岸愛と森詩織については、何らかのかたちで彼女たちが歌い続けられる場所を残すという。

公式サイトにはメンバーからのコメントが掲載された。
まず「“おばあちゃんになってもPASSPO☆”と言い続けていたにも関わらず、このような結果になってしまい本当に本当にごめんなさい」というお詫びの言葉にはじまり、「この苦しい決断をするまでに、何度も何度も話し合いを重ねました。クルーみんな仲が良すぎるがゆえ、個性が強いゆえ、全員頑固なゆえ、そしてなにより私たち自身がPASSPO☆を大好きすぎるがゆえに、いくら話し合っても決まりませんでした。パッセンジャー(PASSPO☆ファン)さんのことを思うと絶対に悲しませたくなくて、解散だけはどうにか回避できないだろうか、と毎日毎日寝れなくなるくらい考えました。」と苦渋の決断であったことを明かす。
そして、「PASSPO☆になれたこと、PASSPO☆でいられたことは、これからも人生の誇りです。何にもできない、渋谷にいただけのJC、JKの自分たちに自信を持つことが出来たのも、PASSPO☆があったからです。私たちをPASSPO☆にしてくれて、PASSPO☆でいさせてくれてありがとう」と、ここまで応援してきたファンに感謝を伝えている。

PASSPO☆は2009年に10人のメンバーで始動。3人が卒業したが、新メンバーを加えず、ここまでオリジナルメンバーのみで活動してきた。今年3月には、2015年に誕生した妹分ユニットのぷちぱすぽ☆が解散したばかり。
PASSPO☆は5月20日からライブツアーをスタートさせ、ツアーファイナルとなる9月22日の中野サンプラザ公演で9年間の活動に幕を下ろす。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでTOKYO POP LINEをフォローしよう!