新垣結衣、子どもたちからのプレゼントに“ガッキースマイル”

新垣結衣

女優の新垣結衣が21日、都内で行われた「アサヒ 十六茶」のブランド戦略発表会にゲストとして出席した。


イベントでは、十六茶がブランドのテーマに掲げる「おもいやり」を伝えるべく、新垣が保育園児と一緒に仕掛けた保護者へのサプライズを映像で紹介。
膨らませた風船に紙を貼って提灯を作り、そこに母親や父親の顔を描くのを手伝う新垣の姿が映し出され、「風船を膨らませるのとか、提灯の形にするのは1つ1つがけっこうたいへんで時間も手間もかかる。でも子どもたちが自分のオリジナルのやり方で自分のお母さんお父さんたちの顔を作って、すごく楽しんでやってくれたので、私も一緒になって楽しんでやれましたし、応援する気持ちで手伝わせてもらいました」と振り返った。

その後、実際に子どもたちが母親にサプライズする様子を初めて見た新垣は、母親が涙を流す姿を見て「家族っていいな、おもいやりっていいなってあらためて感じました。私も一緒に泣きそうになっちゃいました」と感動した様子。
続いて、子どもたちからの新垣へのメッセージがVTRで流され、「新垣さんにもプレゼント作ったよ」という言葉とともに、子どもたちが新垣のために作った提灯がステージに運び込まれると「わあ〜、うれしい!」とニッコリ。「本当に1個1個大変なんですけど、私の分も作ってくれてありがとうございます」と頭を下げた。

十六茶の商品リニューアルに伴って22日よりオンエアされる新TV-CM「登場」編に出演する新垣は、十六茶のCMキャラクターを務めて10年目。「10年も続けてCMキャラクターをやらせていただくことはそんなによくあることではないので、本当にありがたいですし、うれしいですね。ありがとうございます」と、しみじみと語っていた。


この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでTOKYO POP LINEをフォローしよう!

関連記事


Top