リリー・フランキー「居合わせただけ」 主演作のパルムドール受賞に謙虚

リリー・フランキーが22日、東京・渋谷のMAGNET by SHIBUYA109の屋上「MAG’s PARK」で行われた期間限定Bar「PRIME MOMENT Bar」のオープン記念発表会に出席した。


主演した『万引き家族』(是枝裕和監督/6月8日公開)が、日本時間5月20日(現地:5月19日)に行われた第71回カンヌ国際映画祭の授賞式で最高賞であるパルムドールを受賞。日本映画としては21年ぶりの快挙にも「監督の作品がもらったもので、俺はたまたま居合わせただけ」と控えめに語った。

リリーは、「是枝さんはいつパルムドール獲ってもおかしくない監督なので、そのタイミングが今回だった」と話し、「(キャストの)最初に名前が出てるだけで、映画をご覧になればわかりますけど、ほとんど活躍してない。家族の物語なので、何もしていないお父さんでも表札にはお父さんの名前が書いてあるという感じ」と謙虚な姿勢を崩さなかった。

授賞式の前に帰国したが、現地時間13日に行われたレッドカーペットと公式上映には参加。上映後には約9分間に及ぶスタンディングオベーションを受け、「本当にこの映画がすごく愛されているというのを肌で実感した」と現地の反応に手応えを感じていたという。

是枝監督は23日夜に帰国予定。帰ってきたら「心からおめでとうございますと言いたい」とし、この日はバーのイベントではあったが、「是枝監督はお酒を召し上がらなくて、甘いものが好き。いつも並んでいるたい焼き屋があるので、そこに並んで買いたい」と声を弾ませていた。

完全予約制の期間限定バー「PRIME MOMENT Bar」は5月23日(水)から27日(日)まで同所にてオープン。バーのオーナーに就任したリリー・フランキーのデザインが刻印されたバルーングラスでジントニックを提供する。イベントには、第一号のお客として、女優の倉科カナも出席した。


この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでTOKYO POP LINEをフォローしよう!

関連記事


Top