今田耕司「朝4時に帰られた」デート報道を自らイジり、オリラジ藤森&HKT指原からツッコミ

Amazon Prime Video「バチェラー・ジャパン」シーズン2配信記念記者発表会

お笑いタレントの今田耕司と藤森慎吾(オリエンタルラジオ)、HKT48の指原莉乃が23日、都内で行われたAmazon Prime Video『バチェラー・ジャパン』シーズン2の配信記念記者発表会に出席した。


『バチェラー・ジャパン』は、1人の成功した独身男性=バチェラーが、20人の女性の中から真実の愛、運命の恋人を選ぶ、台本無しの恋愛リアリティ番組。
ゴージャスなデートを経て各話の最後に行われる「ローズセレモニー」で、バチェラーからローズを受け取った女性だけが番組に残ることができ、回を追うごとに女性の人数が減っていくため、女性同士の熾烈なバトルが繰り広げられる。

スタジオトークを担当する3人は「収録に行くのが楽しみだった」と声を揃える。
20人の女性がたった1人の男性を奪い合う姿に、藤森が「我々はちょっと怖いなと思う部分もあった」と話すと、今田も「女子同士のバトルはとにかくエグい」と同調。
男性が普段見ることのない女性の一面を垣間見て慄然とする2人に対し、スタジオで唯一の女性目線となる指原は「私はずっと言ってたのに、お二人が気づかないから、本当に嫌でした」とこぼす。

今田は「アイドルのくせにどんな経験積んできてるんだってくらい、二手三手先をこの女は見抜くんですよ」と指原の洞察力に舌を巻き、「俺なんて『バチェラー』をさんざん見たにも関わらず、朝の4時に女性に帰られましたからね」と、先日週刊誌で報じられた深夜デートを自虐ネタにして笑わせた。
「バチェラーのテクニック結構使ったんですけどね」とぼやくと、2人から「何を学んだんですか」「全然活かせてないじゃないですか」とツッコまれ、「でも3軒目まで行けた。朝4時まで引っ張れたのはバチェラー効果ですよ」と開き直って胸を張っていた。

イベントにはCMに出演するお笑いタレントのゆりやんレトリィバァも出席。番組に参加してみたいかと聞かれ、「めちゃめちゃ出たい。絶対に勝てると思った。女芸人が参加したら絶対勝てます」と謎の自信を見せていた。

『バチェラー・ジャパン』シーズン2は、5月25日よりAmazon Prime Videoにて配信開始。


この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでTOKYO POP LINEをフォローしよう!