EXILE、サプライズ登場で2年半ぶりのパフォーマンス

2年半ぶりのパフォーマンスを披露したEXILE

EXILE THE SECONDが24日、千葉・幕張メッセにて、「EXILE THE SECOND LIVE TOUR 2017-2018 “ROUTE 6・6”」のファイナル公演を開催。アンコールではEXILE15人が集結するサプライズがあり、会場を大いに沸かせた。


アンコール1曲目、EXILE THE SECONDの『HEAD BANGIN’』が終わると会場が暗転。ステージ周りの大型ビジョンに、EXILEの3年ぶりとなるオリジナルアルバム『STAR OF WISH』の発売情報と、アルバムと連動した全国ツアー『EXILE LIVE TOUR 2018-2019 ″STAR OF WISH″』の日程が映し出された。
悲鳴や歓声、拍手が入り乱れる中、大型ビジョンがせりあがると、15人の新生EXILEが登場し、会場は興奮のるつぼに。『Rising Sun』や新曲『Heads or Tails』など3曲を披露し、実に2年半ぶりとなるEXILEのパフォーマンスに2万4,000人が熱狂した。

MCではATSUSHIが「皆さん、お久しぶりです!EXILEです!」とあいさつし、「SECOND、長いツアーお疲れ様でした!」と6人を労った。「今年までの2年半は、各グループや個人の活動、そしてEXILEにとってなにより大事な時間でした。」と続け、「EXILEの想いを繋いでくれたのは、全員がEXILEのメンバーでもあるSECONDでした。みんなには感謝してもしきれないです」と涙声で率直な想いを語った。
TAKAHIROも「SECONDが先陣を切ってくれて、僕たち15人をここのステージに立たせてくれた」と、SECONDのメンバーに感謝を伝えた。

7月25日に発売が決定したオリジナルアルバム『STAR OF WISH』には、6ヶ月連続配信企画“EXILE FRIDAY”の6曲に加え、4月からオンエアされている日清「カップヌードル」のCMソング『Heads or Tails』、その他アルバム新録曲も含め13曲を収録予定。
映像作品には13曲全ての映像が収録され、豪華盤にはこれらのMusic VideoとLyric Videoに加えて、この日のライブ映像の収録も決定。
さらに、松本利夫、USA、MAKIDAIの3人の勇退からEXILEの変化と進化を収めた約4時間に及ぶロングドキュメンタリーも収録される。

同時に解禁された3年ぶりの全国ドームツアー「EXILE LIVE TOUR 2018-2019 ″STAR OF WISH″」は、9月15日の京セラドーム大阪を皮切りに、2019年2月11日まで4ヶ所13公演を実施。関東公演の開催は現在調整中のため追って発表される予定だ。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでTOKYO POP LINEをフォローしよう!