5年ぶり「日・ASEAN音楽祭」に乃木坂46・関ジャニ∞・三代目JSB今市&登坂ら

「第2回 日・ASEAN音楽祭」出演アーティスト

10月4日にNHKホールで開催される「第2回 日・ASEAN音楽祭」に出演するアーティストが発表された。


「第2回 日・ASEAN音楽祭」は、日本とASEANの友好協力45周年を記念して、2013年の第1回以来5年ぶりに開催。

今回、日本からは、9月に台北で初の海外公演を控えており、今後アジアでの活躍も期待されている関ジャニ∞や、昨年11月にシンガポールで、今年2月に香港で公演を行った乃木坂46をはじめ、w-inds.、三代目J Soul Brothersのボーカリスト・今市隆二、登坂広臣など7組が参加。司会をピコ太郎と西田ひかるが担当する。

関ジャニ∞の村上信五は「関ジャニ∞が音楽を楽しんでいる姿をASEAN諸国の皆様に体感していただけるよう、精一杯、力強くパフォーマンスさせていただきます。」と意気込み。
アジアでも広く知られている乃木坂46は、「グループや個人でも東南アジアに仕事などで行く機会も多く、みなさんの架け橋になれるようなパフォーマンスができるように頑張ります!」とコメントを寄せた。
そのほか、ASEAN10カ国のトップアーティストが出演することが決まっている。

音楽祭実行委員会会長でもある杉良太郎は、「アーティストの皆様が、音楽祭の趣旨を理解し、国を背負って来て頂きます。音楽だけでなく、観光などを通して日本文化の素晴らしさを届け、文化的な交流を図りながら、日・ASEAN一つになって平和を訴えていきたい。」と思いを語った。

音楽祭の模様はNHKをはじめ、各国のテレビ局でも放送される。

「第2回 日・ASEAN音楽祭」公式サイト:
https://jamusicfestival.wixsite.com/home


この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでTOKYO POP LINEをフォローしよう!