「あの頃、君を追いかけた」場面写真

山田裕貴&齋藤飛鳥の熱演に誰もが“あの頃”を思い出す――「あの頃、君を追いかけた」特報映像解禁

俳優の山田裕貴が主演を務め、乃木坂46の齋藤飛鳥がヒロインを演じる映画『あの頃、君を追いかけた』の公開が2018年10月に決定。あわせて特報映像とビジュアルが解禁された。


本作は台湾で200万人を動員する大ヒットを記録した同名映画をリメイク。舞台を日本に移し、旬の若手俳優たちによって現代の物語として生まれ変わった青春ラブストーリー。

クラスメイトの仲間たちとつるんではバカなことばかりをし、お気楽な高校生活を送っていた水島浩介(山田)と、彼のお目付け役に任命されたクラス一の優等生・早瀬真愛(齋藤)。浩介は真面目でお堅い真愛を疎ましく思う反面、胸がザワつき始める。実は、彼と仲間たちにとって、彼女は中学時代からの憧れの存在。やがて、教科書を忘れた真愛のピンチを浩介が救ったことで、2人の距離は一気に縮まっていく……。

『あの頃、君を追いかけた』ポスタービジュアル

『あの頃、君を追いかけた』ポスタービジュアル
(C)『あの頃、君を追いかけた』フィルムパートナーズ

解禁された特報映像は、主人公・浩介がお目付け役の真愛から手作りの数学のテストの宿題を渡されるシーンから始まる。授業中の居眠りを真愛に注意されたり、2人で夜遅くまで居残り勉強をする中で、それまで浩介にとって「お堅い優等生」という印象でしかなかった真愛が、かけがえのない存在となっていく様子が見て取れる。雨に打たれながら愛を叫ぶ浩介、2人でそれぞれ秘密の願い事を書いて大空に放った天燈、そしてその後に続く大粒の涙を流す真愛の姿。浩介の恋の行方は果たして――。
乃木坂46の中心メンバーの1人である齋藤飛鳥が、皆が憧れる少しお堅いヒロインを可憐に演じ、彼女に恋い焦がれる山田裕貴の熱演に、きっと誰もが通り過ぎた青春時代の“あの頃”の記憶を呼び覚ますに違いない。

同時に解禁となったビジュアルは、少し遠くを見つめている山田と齋藤の2人の写真がメインとなっている。 “たかが10年の片想い”というキャッチコピーと共に、2人の愛おしくて切ない恋愛を想起させるビジュアルとなっている。


関連記事