是枝裕和監督と松岡茉優

是枝監督の称賛に大照れの松岡茉優、カンヌで感じた本音を告白

第71回カンヌ国際映画祭コンペティション部門で最高賞となるパルムドールを受賞した映画『万引き家族』の是枝裕和監督と柴田亜紀役の女優・松岡茉優が2日、早稲田大学の人気講義「マスターズ・オブ・シネマ」に登壇した。


本作は『そして父になる』『海街diary』などで様々な家族の形を描いてきた是枝監督の最新作。万引きをしながら生活費を稼ぐ、社会の底辺にありながらも、いつも笑いの絶えない日々を送る一家が、ある事件をきっかけにバラバラに引き裂かれ、それぞれが抱える秘密と切なる願いが次々と明らかになっていくというストーリー。

是枝裕和監督

是枝裕和監督

是枝監督は、本作のキャスティングには「各世代の1番うまい役者を集める」というコンセプトがあったと明かす。「安藤サクラさんがいて樹木希林さんがいて、そこに太刀打ちできるって相当じゃないと。自分だけが上手にできるっていう人だと、たぶん完全に見透かされる。関係の中できちんとお芝居ができる人じゃないと、いいアンサンブルにはならないだろうと思った」と、松岡を起用した理由を説明した。

女優としてのキャリアは15年になるが、「でもギュッとしたら5年くらいです。不遇の子役時代というのがありまして」と語る松岡は、本作で目の当たりにした是枝監督の子役に対する指導方法に言及し、「子役のときに監督と出会ってたら、とんでもない女優さんになってただろうなと思った」としみじみ。是枝監督から「今とんでもない女優さんになってますよ」と返され、「またまた〜」と照れ笑い。
さらに、『万引き家族』の撮影後に松岡が出演した三谷幸喜作・演出の舞台『江戸は燃えているか』を見た是枝監督から「お芝居の切り返しとか間のつくり方がすごく上手だった」と褒められ、「あ、やだ〜」と、再びはにかんだ。
その後も、テレビドラマ『問題のあるレストラン』や映画『ちはやふる』シリーズでの演技を称賛された松岡は「今日の仕事は体に合ってないです。アレルギー反応が……」と体を掻きながら恥ずかしがっていた。

松岡茉優

松岡茉優

5月19日(日本時間5月20日)のパルムドール受賞後、初の公の場となった松岡。是枝監督からカンヌ国際映画祭に参加した感想を聞かれ、「え、本当のことを言ったほうがいいですか? マスコミ向けのことを言ったほうがいいですか? それとも学生さんへの何かを言ったほうがいいですか?」と困惑し、監督の要望で3パターンの回答をすることに。

“マスコミ向け”“学生向け”に語った後、“本当のこと”として、松岡は「樹木希林さんは我々俳優の中でもすでに伝説の人だから、感情がどうこうということはないんですけど、安藤サクラさんの存在は全女優にとって絶望的な存在なんですよ。『嘘でしょ?』っていうくらい、安藤サクラさんはこの映画で素晴らしいお芝居をなさっています」と、その演技に圧倒されたことを明かす。
安藤とは9歳違い。「10年後、サクラさんのレベルに達しているのか」と思案し、「あの赤い絨毯を歩く上で、この方と同じ笑顔で歩けないと思った」と本音を告白。「だから10年か20年か、もっとかかるかもしれないけど、この人と同じ笑顔でカンヌのレッドカーペットを歩きたいと思った」と、女優業に邁進する決意を語った。

“不遇時代”と語る子役からの10年間、三谷幸喜作品と是枝監督の作品に出演することを夢見ていたという松岡だが、その望みは昨年末から今年にかけて相次いで実現し、「私の人生の“チャンプター1”が終わったなって思った」と現在の心境を表現。
講義に出席した学生から“チャプター2”での新たな目標を聞かれ、「人として豊かになること」と回答。「今回『万引き家族』で樹木希林さんと安藤サクラさんの女性としての豊かさを感じた。自分の日々の生活もそうだろうし、1個1個の仕事への向き合い方もそうだろうし、人としての年輪が分厚くないとあの芝居は絶対できないから、そうなるためにこの“チャプター2”では、いろんなものを新しい気持ちで感じたいし、どんどんインプットしていきたい」と力を込めた。

その後、マスコミ向けのフォトセッションが行われ、最後に松岡が「是枝監督、パルムドールおめでとうございます!」と監督を祝福し、ハグを交わして降壇した。
映画『万引き家族』は6月8日(金)公開。

関連記事