岩田剛典・山下健二郎らEXILE TRIBEがシックにキメてレッドカーペットに揃い踏み【SSFF & ASIA】

「SSFF & ASIA 2018」レッドカーペット

米国アカデミー賞公認、アジア最大級の国際短編映画祭「ショートショート フィルムフェスティバル & アジア 2018」(SSFF & ASIA)が4日に開幕。同日、都内のホテルで行われたレッドカーペットイベントに、三代目J Soul Brothersの岩田剛典、山下健二郎をはじめとするEXILE TRIBEの面々が登場した。


本映画祭では、三代目J Soul Brothers from EXILE TRIBEがフェスティバルナビゲーターを務めるほか、LDH JAPANとSSFF & ASIAによる、詩と音楽、映像を1つに融合するプロジェクト「シネマファイターズ」の第2弾『ウタモノガタリ-CINEMA FIGHTERS project-』のプレミア上映が行われる。

6つの詩から生まれた、6つの楽曲と全6篇のショートフィルムからなる『ウタモノガタリ』。
本作に収められた短編『Kuu』に出演する山口乃々華は、同作の主題歌「あの子のトランク」を歌うDANCE EARTH PARTYのメンバーであるDream Shizuka、さらにDream Amiと鷲尾伶菜を加えた4人でレッドカーペットを闊歩。色鮮やかなドレスで華を添えた。
劇団EXILEの佐藤寛太は、THE RAMPAGE from EXILE TRIBEの藤原樹と岩谷翔吾とともにタキシードに蝶ネクタイ姿で登場。劇団EXILEの鈴木伸之、EXILEの橘ケンチ、小林直己の3ショットが後に続いた。
『アエイオウ』の主題歌「何もかもがせつない」を歌うGENERATIONS from EXILE TRIBEからはまず、小森隼、中務裕太、片寄涼太、佐野玲於、関口メンディーが5人でレッドカーペットを歩いた。
その後、『ファンキー』に出演した岩田剛典、『Our Birthday』に出演の劇団EXILE・青柳翔、『幻光の果て』の山下健二郎、『アエイオウ』のGENERATIONS・白濱亜嵐が、「シネマファイターズ」エグゼクティブプロデューサーのEXILE HIROとともに登場。SSFF & ASIA代表の別所哲也とともにフォトコールに臨んだ。

そのほかレッドカーペットには、斎藤工、加藤雅也、飯島直子、土屋アンナ、とよた真帆、渡辺大、濱田龍臣といった豪華映画人たちが集結。映画祭の開幕を彩った。
今年20周年を迎えた「ショートショート フィルムフェスティバル & アジア 2018」は24日(日)まで開催。東京8会場にて、世界130以上の 国と地域から集まった1万本の作品の中から選ばれた約250作品を上映する。


この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでTOKYO POP LINEをフォローしよう!

関連記事


Top