岩田剛典、初めての河瀬組で役に没入「自然と出てきた涙」を明かす

「Vision」公開記念舞台挨拶

EXILE/三代目J Soul Brothersの岩田剛典が9日、都内の劇場で行われた映画『Vision』の公開記念舞台挨拶に、仏女優のジュリエット・ビノシュ、永瀬正敏、夏木マリ、美波、河瀨直美監督とともに登壇した。


映画は世界で高い評価を受ける河瀬直美監督が、生まれ故郷である奈良県を舞台に、フランスの名女優ジュリエット・ビノシュと俳優の永瀬正敏をW主演に迎えた渾身作。
フランスの女性エッセイスト・ジャンヌ(ビノシュ)が、薬草の一種で幻の植物“Vision”を見つけ出すために奈良県・吉野の山深い森を訪れ、山守の男・智(永瀬)と出会うことからはじまる物語。

智が山で出会い、ともに暮らし始める青年・鈴を演じた岩田は、本作で英語のセリフにも挑戦。「台本を読んで英語のセリフがあった時はどうしようかと思いました」と苦笑いを浮かべた。

河瀬監督はポトフを食べているシーンでの岩田の涙は、本来、脚本にはなかったことを明かし、「ジャンヌや智と視線を交わし合う中で、あの涙は本当に自然に出てきたもの」と説明する。
リアリティを追求し、ドキュメンタリーのような独特の撮影法をとることで知られる河瀬監督の現場に、今回初めて参加した岩田は「決まりごとがなくて、アドリブというか、シーンまるごと日常生活を切り取っている感じで撮影していたので、自然と鈴になった感情で出てきた涙でしたね」と役と作品の世界に没入していたことを明かした。

ジュリエット・ビノシュとの共演については「ビノシュさんの包み込む母性のようなものに、すごく助けていただきました」と振り返った岩田。
一方、ビノシュは岩田の印象について「何かこの人を知っている、また会えたなという気持ちが最初からしました。日本に息子がいるなんて思っていなかった」と語ると、岩田が「僕もフランスのお母さんだと思ってます」と返して、会場を和やかなムードで包み込んだ。

舞台挨拶の最後には、永瀬からビノシュへサプライズで和傘をプレゼント。贈り物を受け取ったビノシュは「メルシーボークー、アリガトウゴザイマス」と喜び、「世界に1つの和傘をパリで本当にさす勇気があるかなと思いますけど、やってみようかな?」と会場を笑わせた。


この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでTOKYO POP LINEをフォローしよう!