竹内涼真「浜辺美波をみんなもっと好きになる」振り切ったコメディエンヌぶりを賞賛

「センセイ君主」完成披露イベント

映画『センセイ君主』の完成披露イベントが18日、東京・六本木ヒルズで行われ、主演の竹内涼真をはじめ、浜辺美波、佐藤大樹(EXILE/FANTASTICS)、川栄李奈、新川優愛、そして月川翔監督が出席した。


本作は、「ヒロイン失格」の幸田もも子による同名漫画を、新たな青春映画の名手として注目される月川翔監督が実写化。教師と生徒の“禁断の恋”を高いテンションでコミカルに描くラブコメディ。

清純なイメージの強い浜辺だが、最近はテレビドラマでコミカルな役にも挑戦し、本作でも竹内演じるイケメンで頭脳明晰だが冷徹でヒネクレ者の高校教師・弘光由貴に恋する、パワフルなヒロイン・佐丸あゆはを振り切って演じた。
「明るい女の子だから、少しでも戸惑いがあるとそれが出てしまうと思ったので、台本を開く前に羞恥心を捨てました」と強い決意で撮影に臨み、「もう全然、変顔でもなんでも来いと思ってやりましたね。監督がすごい不安がられていたというのを聞いていたので、それを吹き飛ばしてやろうと思った」と胸を張った。

『君の膵臓をたべたい』『となりの怪物くん』で浜辺と現場をともにしている月川監督は「『君の膵臓をたべたい』の時は、『こうしてください』とリクエストして応えてもらう、ということが多かったんですけど、今回は頼んでもいないのにいろんなことをやってくれて、想像を超えてきてくれましたね。本番で急にやってくることで竹内くんも思わず笑ってしまうなんてことも多々あった」と、浜辺のコメディエンヌとしての覚醒ぶりを証言。
竹内も「1つ言いたいのは、あゆはが本当に頑張ってます。絶対に映画を見終わった後、浜辺美波をみんなもっと好きになる」と断言し、佐藤も「間違いない」と深くうなずく。浜辺は「竹内さんが先生で、このメンバーで撮れて本当によかったなと毎日思っていたので、先生にそう言ってもらえてうれしい」と喜んだ。

また舞台挨拶では、竹内の口から俳優の山田裕貴が本作に出演していることが明かされた。登場シーンは劇中に出てくる雑誌の表紙で、予告編にも使われているが、会場に問いかけるも、気づいたという人はほぼ皆無。竹内は「ほんの数秒の役でも引き受けてくださったので、皆さん、お願いだから見つけてあげて」と呼びかけた。
さらに浜辺から「ある大女優さん、本当にきれいで美しくて、私の憧れの女優さんなんですけど、なんと北川景子さんが出てくださっています」と女優の北川景子の出演が発表されると、会場から「ええ〜!」と、ひときわ大きな歓声が上がり、竹内は「ちょっと待って、山田裕貴くん霞んじゃったな」と苦笑い。

浜辺と北川、そして月川監督といえば、昨年大ヒットした映画『君の膵臓をたべたい』だが、同作では浜辺の声を聞きながら北川が芝居をするシーンはあったものの、実際に共演するシーンがなかったことから、月川監督は「どこかでこの2人が共演できないかなと思っていて、ダメもとでお願いしたら快く引き受けてくださって、実現しました」と経緯を明かした。

映画『センセイ君主』は、8月1日(水)全国公開。


この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでTOKYO POP LINEをフォローしよう!