けやき坂46、「国民的アイドル」に向かって“走り出す”出発式

けやき坂46 デビューアルバム「走り出す瞬間」出発式

けやき坂46(ひらがなけやき)が6月20日にデビューアルバム『走り出す瞬間』をリリースする。発売前日の19日、メンバー自ら5つの班に分かれて関東近郊46のCD店舗へ挨拶回りを実施。出発前にメンバーを代表して渡邊美穂、加藤史帆、佐々木美玲、佐々木久美、齊藤京子、小坂奈緒が出発式を行った。


メンバーはそれぞれ各店舗のユニフォーム姿で登場。
加藤は「黒もピンクも大好き。可愛らしいデザインなので、着られてうれしい」とHMVのポロシャツを着た感想を述べ、楽天のユニフォームに袖を通した渡邊美穂は「初めて着たんですけど、以前にも着たことがあるんじゃないかというくらい個人的にしっくりきているので、持ち帰りたい」と、はにかんだ。

長濱ねるの欅坂46加入をきっかけに後続グループとして結成されたけやき坂46。加藤は「アンダーとして集められた私たちがこうして単独アルバムを発売できることは本当に夢のようで、いつも応援してくださる皆さんのおかげ」と感慨深げ。
アルバムのリード曲『期待していない自分』でセンターを務める佐々木美玲は、本作を機に「ひらがなけやきのことをたくさんの方に知ってもらって、いつかは国民的アイドルと言われるようになりたい。すごく大きな目標なんですけど、いつかは日本だけじゃなくて世界にも進出できればいいなと思っています」と目標を掲げた。


けやき坂46名義として初のアルバムとなる本作は、全3形態で発売され、合わせて既存曲10曲と新曲18曲を収録。また、本作を引っさげてのツアーが今月よりスタートしており、ここまでにパシフィコ横浜、東京国際フォーラムでの公演が終了している。

ツアー直前にグループのキャプテンに就任した佐々木久美は「自分たち名義のCDを出すということで、もっとグループとして成長しないといけないと思った」と語る。
アルバムのリリースにともない、ライブでパフォーマンスする楽曲が劇的に増えたことから、「いろいろと乗り越えないといけないことがあった」と苦労もうかがわせるが、「メンバー20人全員で気持ちを1つにして、素晴らしいアルバムにしようという気持ちでやってきた」と力を込める。
アルバム発売日を明日に控え、「全員で1つになれて、少し大きいグループになれたかなと思います」と、本作とツアーを通しての成長に手応えをにじませた。


この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでTOKYO POP LINEをフォローしよう!