岡田准一が“殺してはいけない殺し屋”に 共演に木村文乃・山本美月・福士蒼汰ら豪華オールスター集結

映画「ザ・ファブル」キャスト

V6の岡田准一が2019年に実写映画化される『ザ・ファブル』に主演することがわかった。


原作は週刊ヤングマガジン連載中で、単行本累計部数200万部突破、2017年度講談社漫画賞<一般部門賞>を受賞した同名漫画。
「天才的な殺し屋」として裏社会で恐れられる通称“ファブル”は、「1年間殺し屋を休業し、大阪で一般人として普通の生活を送ること」というボスの指令により、殺しを封印し、“佐藤アキラ”という偽名を使って、相棒のヨウコと兄妹という設定で暮らしはじめるが――というストーリー。

主人子のファブルを演じる岡田は、今回初めての殺し屋役に挑戦。「初の『殺し屋』役となりますが、殺してはいけないという設定の中でのアクションを全力で楽しみたいです」と意気込みを語る。
アキラの相棒・ヨウコ役には、木村文乃。不幸な生い立ちを持ちながらも楽天的でお酒大好き、刺激大好きなぶっ飛んだ役というこれまで演じたことのない役に挑戦する。
ファブルを幼い頃から指導し、プロの殺し屋に育てあげるボス役には佐藤浩市。
また、アキラが大阪で出会う初めての一般人の女性で、 親の借金を返すために真面目に働くミサキ役に山本美月。穏やかな普通の生活を送ろうとするアキラだったが、ミサキが巻き込まれた事件をきっかけに、彼女を助けるため、再び裏社会に乗り込むことになる。
さらに、真黒カンパニー社長でファブルの世話人を請け負うが、当初は敵意を抱く海老原役に安田顕、海老原の弟分で真黒カンパニーに属し、刑務所から出所してミサキを追い詰める小島役に柳楽優弥、真黒カンパニーの専務だが、 海老原と敵対する派閥を率いる砂川役に向井理、砂川に雇われ、裏社会で伝説の存在のファブルを倒して名を上げようとする殺し屋・フード役に福士蒼汰と、日本映画界屈指の豪華キャストが顔を揃える。

監督は、CM界の巨匠で、映画やドラマも手掛ける江口カン。脚本を『20世紀少年』シリーズや『GANTZ』『進撃の巨人』の渡辺雄介が手がける。また、見せ場となるアクションシーンには、海外からもスタッフを招聘し、世界水準のアクションシーンを目指す。

映画『ザ・ファブル』は、6月13日よりクランクインし、関東近郊での撮影を経て8月中旬にクランクアップ予定。2019年全国公開。

■岡田准一(主人公・ファブル役)コメント

今回、初めて大人気漫画原作の映画化作品にチャレンジします。江口カン監督を信じて、キャスト、スタッフの皆様と力を合わせて撮影に臨みたいと思います。初の「殺し屋」役となりますが、殺してはいけないという設定の中でのアクションを全力で楽しみたいです。

■ストーリー

「天才殺し屋」として恐れられる通称“ファブル”(岡田准一)。超人的な戦闘能力を持ち、狙った標的を必ず倒す伝説の男。ある日、育ての親のボス(佐藤浩市)から与えられたミッションは、「1年間殺し屋を休業して普通の人間として生活すること」だった。よりプロになるために、あまりにも仕事をしすぎたファブルを一度殺し屋の世界から離すのが目的だった。もしも誰かを殺したら、ボスにより処分されてしまうことになっていた。こうしてファブルは「佐藤アキラ」という偽名を使い、相棒のヨウコ(木村文乃)と兄妹という設定で大阪で暮らすことになる。しかし、アキラはこれまで普通の生活などしたことがないので、まるで一般常識をもっていない。住居などは、ボスの口利きで大阪にある真黒(マグロ)カンパニーが面倒を見ることになり、社長の海老原(安田顕)が会長の命令で世話役を引き受けるが、アキラに不信感を強く抱いていた。ある日普通の生活を始めたアキラは暴漢に襲われる。プロとして一般人になりきるために、アキラは弱い振りをしてあえて殴られる。そこに通りかかり介抱してくれた女性・ミサキ(山本美月)と知り合い、同じ会社で時給800円でバイトをさせてもらうことになる。しかしミサキは親の借金のために背負った隠したい過去を持っていた。その秘密を知った真黒の小島(柳楽優弥)は彼女を脅し、連れ去ってしまう。殺しを封印されたアキラの前に次々に現れる暴漢たちを前に、果たして1年間を無事に過ごすことができるのだろうか・・・!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでTOKYO POP LINEをフォローしよう!