AKB48・倉野尾成美、本人役で出演の映画でビックリ「本当に映画なのかなと思った」

倉野尾成美

AKB48の倉野尾成美が26日、東京・千代田区の衆議院第一議員会館で行われた『YOU達HAPPY 映画版ひまわり』の完成披露会見に、企画のTUBE・前田亘輝、主演の大東駿介、共演の佐久本宝、坂本一樹、杉本達監督とともに出席した。


前田がパーソナリティを務めるラジオ番組「YOU達HAPPY」(FM NACK5)から生まれた本作は、前田が長年のライブ活動で感じていた過疎化による地域創生がテーマ。那須烏山市を舞台に、2人の女子高校生が町おこしに奮闘する様を描く。

倉野尾成美
倉野尾成美
本人役で出演の倉野尾は「初めて(映画の)台本というものをもらったんですけど、薄っぺらくて、『え?本当に映画なのかな?』と思った。1、2枚くらいしかなくて、どうなるんだろうと謎でした」と、苦笑いを浮かべながら振り返る。「監督に最初にお会いした時に『素のままの倉野尾さんで出てください』と言われて、台本にとらわれずにやるんだなと理解しました」と、杉本監督の演出であったことを明かした。

実は本作にはドキュメンタリーとフィクションを融合させるという斬新な手法が用いられている。
ヒロインとその友人役には、物語の舞台となる栃木県那須烏山市でオーディションを行い、地元の高校生・佐藤佑香さんと青木由比さんを選出。2人が実際に町おこしに奮闘する様をリアルに映している。
地元高校生の2人と倉野尾は同い年。「佑香ちゃんと由比ちゃんは演技をしていないし、台本があることも知らないくらい。地域のために何ができるのか、一生懸命考えて取り組んでいる姿にいい刺激をもらった」と話した。

この日、倉野尾は体調不良を押して映画の初お披露目の場に出席。トークセッション中は気丈に振る舞っていたが、フォトセッションの前に途中退席した。

『YOU達HAPPY映画版 ひまわり』は8月4日(土)より宇都宮ヒカリ座にて先行公開。9月1日(土)よりヒューマントラストシネマ渋谷ほか順次公開。


この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでTOKYO POP LINEをフォローしよう!