乃木坂46がCA姿でキュートなダンス  W杯ポーランド戦は大迫に期待

乃木坂46

乃木坂46の伊藤理々杏、岩本蓮加、大園桃子、阪口珠美、中村麗乃、山下美月、与田祐希が28日、都内で行われたセブン&アイ・ホールディングスの「セブンマイルプログラム」記者イベントに出席した。


グループ各企業での購買金額に応じて、さまざまな特典をもらえるサービス「セブンマイルプログラム」のサービス開始を記念して、本日6月28日(木)14時から7月1日(日)までの4日間、東京ミッドタウンのアトリウムに乃木坂46とコラボレーションした3Dサイネージが設置される。
ガラスボックスの中に等身大の乃木坂46のメンバーがまるで目の前にいるかのように見えるという3Dサイネージは、7本の柱にメンバー7人が1人ずつ、化粧をする、本を読む、寝ているなど、それぞれが楽屋で出番を待つようなシーンが映し出され、決まった時間になると、7本の3Dサイネージが突然連動。音楽に合わせてCAの衣装に身を包んだメンバーがダンスを踊る“3DサイネージDANCE LIVE”が行われる。

ダンスについて、大園は「初めてガラスボックスのような小さいスペースを活かしたダンスをやって、柱の横から顔を出さなきゃいけなかったり難しかったんですけど、マイルの『M』のポーズだったり、可愛いポイントもたくさんあるのでぜひ真似していただけたら」とアピール。
また、楽屋シーンでセブンイレブンの商品をひたすら食べ続けている与田は「これ大丈夫なのかな?と思いながら、幸せな気持ちでもぐもぐしてました」と撮影を振り返り、本を読んでいる中村は「本を読まないイメージがあるけど、実はちゃんと読んでいたりするので、あまりファンの方に知られてない一面を知っていただけるのでは」と語った。
イベントではメンバーがそれぞれの3Dサイネージの前に立ち、ダンスを披露。
イベント後の囲み取材でダンスの出来を聞かれると、山下が与田に「どうだった?完璧?」と尋ね、与田の「完璧」という回答を受けて、「じゃあ120点です」と胸を張った。

囲み取材では、現在開催中のロシアW杯で今夜行われる日本対ポーランドの試合にも話題が及んだ。「楽屋などでもメンバー同士でサッカーの話題になる」と山下。期待している選手には伊藤がFW大迫勇也選手の名前を挙げ、「ニュースでも取り上げれられていて、よくお見かけするので注目して見たい」と、決勝トーナメント進出がかかる大一番へ期待を込めた。


この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでTOKYO POP LINEをフォローしよう!