MISIAとGReeeeNが初コラボ 綾瀬はるか主演ドラマ主題歌に決定

MISIA

歌手のMISIAが7月10日よりスタートする綾瀬はるか主演のTBS火曜ドラマ『義母と娘のブルース』の主題歌を担当することがわかった。


MISIA
MISIA
作詞・作曲をボーカルグループ・GReeeeNが担当し、さらにはメンバーのHIDEがコーラスにも参加、編曲には亀田誠治氏を迎えた『アイノカタチ feat. HIDE(GReeeeN)』で、義母と娘の愛と成長を描くハートフルなドラマを盛り上げる、珠玉のラブソングに仕上がっているという。8月22日(水)にシングルリリースも決定している。

ドラマは、綾瀬はるか演じるバリバリのキャリアウーマンの主人公が、娘を持つ男性からプロポーズをされ結婚し、母親になろうと畑違いの家事や育児に一生懸命に奔走、家族と過ごす日々を描いた10年間の物語。
主演を務める綾瀬はるかとMISIAは、『逢いたくていま』が主題歌として起用されていた大ヒットドラマ『JIN-仁-』以来のタッグとなる。

ドラマについて、「脚本を読んで、とても心が揺さぶられました。こんな素晴らしいドラマが今の時代に必要だと思います」と語るMISIA。「アイノカタチは人それぞれだけど、愛することは素晴らしい。沢山の”アイノカタチ”に寄り添い、大切な人に『あのね 大好きだよ』と伝えるお手伝いが出来るよう、心を込め歌いました」。
HIDE(GReeeeN)は「MISIAさんの歌声と、亀田さんが作り上げて下さった『アイノカタチ』が、誰かの何かになればと思います」とコメントを寄せている。


この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでTOKYO POP LINEをフォローしよう!