けやき坂46、長濱ねると久々のステージ共演実現 メンバーの“七夕の願い”は?

長濱ねるとけやき坂46

欅坂46の後輩グループにあたる、けやき坂46(ひらがなけやき)が7日、千葉・幕張メッセで開催された「LIVE MONSTER LIVE 2018」に出演した。


会場には浴衣姿の来場者も見受けられた七夕の夜、けやき坂46とかつてのメンバー・長濱ねるがステージ上で久しぶりの共演を果たした。

けやき坂46は休業中の影山優佳を除く19人で出演。大きな歓声に迎えられると、6月にリリースした初の単独アルバム『走り出す瞬間』のリード曲『期待していない自分』からライブをスタートさせた。
佐々木久美が「今日は素敵な七夕になりそうなので、皆さん一緒に楽しみましょうね!盛り上がって行きましょう!」と会場を煽り、『ひらがなで恋したい』『NO WAR in the future』と続いた後、スクリーンに同日深夜、日本テレビにて放送の長濱ねる初主演ドラマ『七夕さよなら、またいつか』の映像が流れ、『僕たちは付き合っている』へ。
この曲で衣装を着替えた1期生の10人とともに長濱ねるが登場。2017年9月にけやき坂46を離れ、欅坂46の専任メンバーとなった長濱とけやき坂46メンバーの久しぶりのパフォーマンス、センターに立つ長濱ねるの姿に会場は大いに湧いた。
続いて長濱のソロ曲『100年待てば』を10人とコラボ。ラストは、けやき坂46のライブ定番曲『誰よりも高く跳べ!』を11人でパフォーマンスして、大盛況の中、持ち時間を終えた。

パフォーマンス後は司会のドリカム・中村正人の進行でトークコーナーへ。久しぶりの共演に、中村から「まさに七夕の奇跡ですね」と言葉をかけられたメンバーは「楽しかったです」と笑顔。
七夕の願い事を聞かれると、長濱は「今日という時間がもっと続けばいいな」と、しみじみ。佐々木久美は「ひらがなけやきのメンバーと一生一緒にいられたら」、加藤史帆も「メンバー全員がこれからもずっと健康で一緒に活動できますように」と、それぞれにグループ愛をにじませた。
一方で、佐々木美玲は「すごい個人的なことになるんですけど、マグロの一本釣りをしたい」といい、齊藤京子も「自分でプロデュースしたカップラーメンを出したい」とラーメン愛を強調。
続く「この夏やってみたいこと」という質問では、長濱が「みんなでバーベキューをやりたい」と目を輝かせ、佐々木美玲は「さっきの続きなんですけど、みんなで魚釣りをして、その魚をみんなで食べたいです」と、どうしても魚を釣りたい様子。
そんなメンバーの希望をキャプテンの佐々木久美が「みんなで沖縄に旅行に行って、魚釣りをして、バーベキューをしたい」とまとめ、加藤が「沖縄でみんなでライブをしたい」と付け加えた。
最後は齊藤が「私はチョコバナナを食べたいです」と、流れを無視した願望を唐突に告白してオチをつけた。

「LIVE MONSTER LIVE」は、2015年3月まで放送されていた音楽番組『LIVE MONSTER MASATO NAKAMURA MUSIC SHOW』発信のライブ・イベント。
4回目の開催となる今年は他に、JUON、FANTASTICS、東京ゲゲゲイ、Little Glee Monster、THE RAMPAGE from EXILE TRIBE、そしてサプライズで三浦大知が出演。三浦は同日、日本テレビで生放送中の『THE MUSIC DAY』と中継を結び、新曲『飛行船』を初披露した。

この日のイベントの模様は、8月10日(金)深夜25時29分より日本テレビ『LIVE MONSTER LIVE』で放送される。

PHOTO:堀田芳香

LIVE MONSTER LIVE 2018 けやき坂46 セットリスト

M0. OVERTURE
M1. 期待していない自分
M2. ひらがなで恋したい
M3. NO WAR in the future
– VTR –
M4. 僕たちは付き合っている
– VTR –
M5. 100年待てば
– VTR –
M6. 誰よりも高く跳べ!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでTOKYO POP LINEをフォローしよう!