乃木坂46、前代未聞の2会場同時併催ライブに18万人熱狂 新曲初披露のサプライズも

乃木坂46 6th YEAR BIRTHDAY LIVE

乃木坂46が7月6日(金)〜8日(日)の3日間にわたり、東京・明治神宮野球場と秩父宮ラグビー場で、史上初の同一アーティストによる2会場同時併催の単独コンサートを行った。


本公演は、乃木坂46恒例の夏のツアー「乃木坂46 真夏の全国ツアー2018」の開幕を告げる3DAYSであると同時に、デビュー6周年を記念した「6th YEAR BIRTHDAY LIVE」として開催。
前代未聞の2会場同時併催ライブに携わった運営スタッフは、明治神宮野球場に9000人、秩父宮ラグビー場に5500人の合計約1万4500人にのぼり、会場設営の運搬に使用されたトラックは仕込みと解体に約400台ずつ、計800台が用意されるという規格外の規模に。
来場者数は両会場あわせて各日6万人、3日間で合計18万人を動員した。

最終日となった8日は、オープニングとともに神宮球場にアンダーメンバーが登場し、『自惚れビーチ』『13日の金曜日』『アンダー』などをパフォーマンス、同時刻、秩父宮ラグビー場には選抜メンバーが登場し、『裸足でSummer』『夏のFree&Easy』『逃げ水』などのサマーソングを立て続けに繰り出した。
その後、それぞれ会場をメンバーが行き来し、同じ楽曲を順序を入れ替えて両会場で披露する形で進行。時折、他会場と中継を結んだり、『命は美しい』などのライブ定番曲や、今回の2会場併催ライブを象徴する『シンクロニシティ』といった一部の楽曲は2会場で同時にパフォーマンスされた。
また、上空を飛ぶヘリからの空撮による紫色のペンライトに染まった2会場の様子や、会場をまたいでのコール&レスポンスなど、スケールの大きさを感じさせる演出も随所に盛り込まれた。

アンコールでは、8月8日(水)発売の21stシングル『ジコチューで行こう!』と同シングル収録のアンダーメンバーによる楽曲『三角の空き地』を初披露。両会場を埋め尽くしたファンを沸かせた。

グループからの卒業を発表している斎藤ちはると相楽伊織はこの日がラストステージ。
アンコールで秩父宮ラグビー場のステージに立った斎藤は「楽しかったです。みんなと一緒にステージに立てて、すごく素敵な景色を見られて本当によかった」と万感の思い。相楽も「この景色をもう見られないと思うと寂しいけど、これからもいろんなかたちで頑張っていこうと思っているし、メンバーの全国ツアーも成功してほしい」と、これから全国をまわるメンバーへエールを送った。
最後はWアンコールに突入し、『ガールズルール』で最高潮の盛り上がりの中、全38曲ずつを披露した公演を締めくくった。

「乃木坂46 真夏の全国ツアー2018」はこの後、福岡、大阪、名古屋、宮城をまわり、地方公演では延べ34万6000人を動員する見込みとなっている。

乃木坂46 真夏の全国ツアー2018 “6th YEAR BIRTHDAY LIVE”

明治神宮野球場セットリスト
M0 Overture
M1 自惚れビーチ
M2 13日の金曜日
M3 新しい世界
M4 風船は生きている
M5 アンダー
MC
M6 走れ!Bicycle
M7 ダンケシェーン
M8 DANCEナンバー
M9 制服のマネキン
M10 命は美しい
M11 きっかけ
M12 ガールズルール
M13 あの教室
M14 僕が行かなきゃ誰が行くんだ?
M15 低体温のキス
M16 意外BREAK
M17 誰よりそばにいたい
M18 不等号
M19 シークレットグラフィティー
MC
M20 僕の衝動
M21 トキトキメキメキ
M22 三番目の風
MC
M23 インフルエンサー
M24 サヨナラの意味
M25 逃げ水
M26 シンクロニシティ
M27 太陽ノック
M28 夏のFree&Easy
M29 裸足でSummer
MC
M30 君の名は希望
<アンコール>
VTR
EN1 ロマンスのスタート
EN2 転がった鐘を鳴らせ!
MC
EN3 三角の空き地(21stシングルアンダー曲)
MC
EN4 乃木坂の詩
VTR
EN5 ジコチューで行こう!(21stシングル表題曲)
MC
EN6 ハウス!
EN7 おいでシャンプー
<ダブルアンコール>
WEN1 ガールズルール

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでTOKYO POP LINEをフォローしよう!