乃木坂46、2会場“シンクロ”ライブ 斎藤ちはる&相楽伊織がラストステージ <ライブレポ・秩父宮ラグビー場>

乃木坂46 真夏の全国ツアー2018 “6th YEAR BIRTHDAY LIVE”

「乃木坂46 真夏の全国ツアー2018 “6th YEAR BIRTHDAY LIVE”」が7月6日から8日まで、明治神宮野球場と秩父宮ラグビー場を会場として開催された。
同一アーティストの単独ライブとしては、2会場同時併催の「シンクロニシティ・ライブ」は史上初の試み。各日6万人(明治神宮野球場3万5000人+秩父宮ラグビー場2万5000人)、3日間合計で18万人を動員した今回の3DAYSは、約800台のトラックで設営機材などを搬入し、約1万4500人のスタッフが携わるという、乃木坂46史上最大規模のライブとなった。
ここでは、アンコールで21stシングルタイトル曲『ジコチューで行こう!』と、カップリング収録のアンダー楽曲『三角の空き地』がサプライズで披露された8日の秩父宮ラグビー場でのライブの模様をレポートする。


開演前から満席に埋まった会場は熱気に包まれた。17時すぎ、高山一実と山下美月による注意事項のアナウンスが始まると、大歓声がわき起こった。高山が「さあ美月ちゃん、気合い入っていますか?」と声を掛けると、山下は「いえ〜い!みんな準備はいいかあ〜!」と絶叫。客席はライブのスタートを待ちきれない雰囲気に。

ほどなくして、オープニング映像がスタート。すぐに2万5000人が総立ちとなり、『Overture』ではリズムを取りながらの大コールで、最終日の開演を盛り上げた。
秩父宮ラグビー場でのライブは、スクリーンに白石麻衣、齋藤飛鳥、西野七瀬、桜井玲香ら選抜メンバーが映し出されることから始まった。メンバーたちは、スクリーンの中から「盛り上がって行くぞー!」と呼びかけ、1曲目の『裸足でSummer』がスタート。実はスクリーンの中の映像は、会場に設置されていた電車型トロッコの車内映像で、メインステージから伸びてラグビー場のフィールドいっぱいに広がるサイドステージがそのままモノレールのレールのようになっているという構造。『裸足でSummer』を歌うメンバーたちを乗せた車両がメインステージから、サイドステージ上を移動して、フィールドのセンターラインの位置で止まった。メンバーたちは、車両の中から飛び出し、ファンから大歓声を浴びた。

「秩父宮、盛り上がっていけますか!?」の掛け声に続いて、2曲目『夏のFree&Easy』へ。メンバー全員がフィールド中央に設置されたセンターステージに集結。間奏では「もっと声を出してください!」と煽り、「みなさん、もっと、もっと盛り上がって行けますかー!?」の声とともに、3曲目の『太陽ノック』へ。
冒頭から夏曲3曲のメドレーで会場を熱気に包んだあと、メンバーはメインステージの反対側に設けられたサブステージに集結。4曲目の『逃げ水』がスタートする。スタンドのファンにあいさつしながら、サブステージからせり出す形で隣接されていたムービングステージが上昇。ムービングステージはメンバーたちを乗せたままアリーナのファンの頭上を通過し、5曲目の『サヨナラの意味』の際に、メンバー19人をフロントに設置されたメインステージまで運んだ。


『サヨナラの意味』が終わると、19人が横一列に並んで「秩父宮のみなさんこんにちは!」とあいさつ。キャプテンの桜井が「元気ですか?楽しんでいますか?」と声をあげ、会場からは地鳴りのような大歓声が。
齋藤は「今日の熱気が昨日よりも1段階、上な気がします。1曲目の『裸足でSummer』で“一面タオル”みたいなのがぐっときました」とうれしそう。桜井が「中継を繋けちゃおうかな」と告げると、スクリーンに隣の神宮球場の様子が映し出された。
桜井は「2会場を中継で繋いだり、メンバーが行ったり来たりして、シンクロニシティ感を出していきたいなと思います!」と意気込みを言葉にすると、さっそく、「神宮に行きたくなっちゃった!」とニヤリ。桜井は「神宮に行く前に、ひとつになって!」と呼び掛け、「秩父宮のみなさん、そして神宮のみなさん、最終日楽しんでいくぞ!」と絶叫。選抜メンバーたちはメインステージから駆け下りた。

メンバーがステージから消えると、スクリーンには、秩父宮ラグビー場から神宮球場まで走って移動するメンバーたちの様子が映し出された。6曲目の両会場同タイミング披露となる『走れ!Bicycle』がスタート。スクリーンには、秩父宮ラグビー場を出たメンバーたちがマイクが設置された自転車に乗って、神宮球場へ向かう姿が映された。斬新な演出にファンは歓喜の声をあげ、続く『ダンケシェーン』で、神宮球場でパフォーマンスをしていたアンダーメンバーたちが秩父宮ラグビー場のメインステージに駆け込んできた。ライブ前半の両会場同タイミング披露曲は6曲目から10曲目までで、9曲目には鈴木絢音をセンターに据えて『制服のマネキン』を披露。「2会場、シンクロしましょう!」と呼びかけたあと、中田花奈センターで『命は美しい』のパフォーマンスをスタートさせた。

アンダーメンバーが『不等号』『シークレットグラフィティー』『誰よりそばにいたい』とアンダー楽曲を披露した後は、3期生のブロックへ。『僕の衝動』『トキトキメキメキ』『三番目の風』の3曲をパフォーマンスすると、3期生によるMCがスタート。3期生メンバーたちは、「『三番目の風』を踊っているときに、バックに青空があって、最高に気持ちよかった!」と声を弾ませる。
3期生の名前を呼ぶコール&レスポンスで会場を温めたあと、後半戦がスタート。夏の青空はまだまだ広がり、選抜メンバーたちが再びメインステージに登場。『インフルエンサー』にはじまり、齋藤と堀未央奈の『あの教室』などのユニット曲、生田絵梨花のソロ曲『低体温のキス』などが披露された。

24曲目の『自惚れビーチ』から再びアンダーメンバーのブロックに突入。
MCでは、2017年より休養していたためライブに本格的に参加したのは去年の夏以来という北野日奈子が「今まで少し休んでいたのですが、21枚目のシングルから、私のやれることを少しずつやっていきたいと思いますので、応援をよろしくお願いします」とあいさつ。メンバーたちは「うれしいよ」と北野の復帰を暖かく迎え、「これからも日奈子と一緒にがんばって行こうと思いますので、みなさんよろしくお願いします」と呼びかけた。

MCが終わると、時刻は19時をまわり、空にはうっすらと夕焼けが。25曲目の『新しい世界』が終わり、26曲目の両会場同タイミング披露曲『シンクロニシティ』が始まると、夜のとばりが下り始めた。ここで両会場をシンクロさせたペンライト演出が行われた。
秩父宮ラグビー場にいたメンバーたちはスカイブルーの衣装で、会場のファンが振るペンライトも青。神宮球場にいたメンバーたちの衣装は赤で、ペンライトも赤。そして、スクリーンには、航空映像で俯瞰した秩父宮ラグビー場と神宮球場の映像が映し出され、青一色に染まる秩父宮ラグビー場と、赤一色に染まる神宮球場が揃って浮かび上がった。さらに、両会場のペンライトの色が乃木坂カラーの紫にチェンジ。航空映像で、両会場が紫一色に染まった付近一帯の様子が映し出されると、会場は一段と熱気を増していった。

『13日の金曜日』『風船は生きている』を挟んで、秩父宮ラグビー場の29曲目は『アンダー』。メンバーたちはメインステージに横一列に並び、拳をあげてポーズを決めた。すると、音楽が一瞬止まり、1発目の花火が打ちあがった。続けて、合計460発の打ち上げ花火が夜空を彩った。メンバーたちは、「花火、あがりましたね!」「夏らしいことができた気持ちです!」と大はしゃぎ。


いよいよ30曲目。神宮球場にいた桜井がスクリーンに映り、「最後の曲は、シンクロニシティライブということで、生オーケストラで演奏して曲を披露したいと思います」と告げ、オーケストラの指揮者を紹介。「2会場同時にひとつになって今日のライブを終えたいと思います」と言葉にし、『君の名は希望』を、2つの会場で夜空に向かって歌いあげた。

本編が終了すると、アンコールの声に応えるかたちで、スクリーンにバックヤードにいるメンバーたちが映像で登場。桜井が21枚目シングルの選抜メンバーとアンダーメンバーがそれぞれどちらの会場に行くかをこの場でくじで決めることを告げ、齋藤が秩父宮ラグビー場のくじを引いたため、秩父宮ラグビー場には選抜メンバーたちが来ることに。
そして始まったアンコールでは、アップナンバーの『ロマンスのスタート』と『転がった鐘を鳴らせ!』の2曲を熱唱。その後、齋藤が「ここでですね、ちょっと、みなさんに、お見せしたい曲がございまして」と話し始めた。齋藤がひと言、ひと言を口にするたびに会場からは大歓声。齋藤は「8月にリリース予定の21名目のシングル楽曲をここで披露させていただきます。みなさま、心してお聞き下さい!初披露になります!」と声を弾ませ、齋藤がセンターを務める21stシングル表題曲『ジコチューで行こう!』をパフォーマンスした。

秩父宮ラグビー場で、選抜メンバーが『ジコチューで行こう!』を披露していた頃、隣の神宮球場では中田花奈をセンター据えるアンダーメンバーが21stシングルアンダー曲『三角の空き地』を披露。パフォーマンスを終えると、『乃木坂の詩』を挟んで、それぞれのメンバーがお互いに会場を移動して、秩父宮ラグビー場では、アンダーメンバーが『三角の空き地』を、神宮球場では選抜メンバーが『ジコチューで行こう!』を披露するという2会場同時開催ならではの展開も。メンバーたちは、「この夏は『ジコチューで行こう!』で、飛鳥センターでがんばっていきたいと思います!」と笑顔を弾けさせていた。

アンコールの楽曲の間には、グループからの卒業を5月に発表した斎藤ちはると相楽伊織がファンにあいさつをする一幕も。
斎藤は、「ライブに立つのは今日で最後になってしまうのですが」と話しはじめ、「楽しかったです、みんなと一緒にステージに立つことができ、すてきなサイリウムの景色を見ることができ、すてきな思い出ができました」とにっこり。相楽は「4年間ずっと乃木坂でやってきて、ステージの上に立って皆さんにパフォーマンスを見てもらうのがすごい楽しかったから、この経験がもう無いんだなと思うとすごい悲しいし、この景色をもう見れないと思うと寂しいけど、これからもいろんなかたちで頑張っていこうと思っています」と笑顔を見せた。

また、『乃木坂の詩』では、齋藤が「みなさん静かにしてください!耳を澄ませてください!向こうの球場の声を聞いて下さい!」と呼びかけると、メンバーもファンも、一斉に声を抑えて聞き耳を立てた。静まりかえった秩父宮ラグビー場に、神宮球場のファンのシンガロングが響く。齋藤が今度は「私たちも負けないように、歌いましょう!」といい、スクリーンには耳に手を当てて秩父宮ラグビー場の歌声を聴いている神宮球場のメンバーの姿が。齋藤は「絶対にあっちの会場にも聞こえています!」と笑顔を弾けさせ、「最後は、みんなで歌いましょう」と両会場のファンに呼びかけた。

『ハウス!』『おいでシャンプー』を披露し終わると、神宮球場の桜井は、「無事に3日間、終了しました」と、やりきった表情。斎藤と相楽があいさつしたことを受け、「こうやって卒業していくメンバーもいるし、これからいろんなこと頑張っていく皆さんもたくさんここに集まっていると思いますけども、この3日間の思い出を胸に刻んで、お互い切磋琢磨して頑張っていきましょう」と続けた。最後は「2会場のみなさん、本当にありがとうございました」と感謝の言葉で締めた。

ライブ終了のアナウンスが流れたが、ファンは席を立たず、Wアンコールの『ガールズルール』がスタート。メンバーがステージに飛び出してきた。秩父宮ラグビー場にはそのとき、アンダーメンバーたちがいたが、いつの間にか、秩父宮ラグビー場のステージに白石の姿が。神宮球場にいた桜井は「あれ?まいやん、秩父宮行ってる!」とびっくり。スクリーンに映し出される中継でその様子を見た白石は、「えっ?叫んだじゃん!『行ってきます』って」と桜井の言葉に逆に驚いていた。最後の最後まで、2会場ならではハプニング(?)でファンを沸かせ、3日間に渡る史上初の2会場を使った“シンクロニシティ・ライブ”は幕を閉じた。

乃木坂46 真夏の全国ツアー2018 “6th YEAR BIRTHDAY LIVE”
秩父宮ラグビー場セットリスト

M0 Overture
M1 裸足でSummer
M2 夏のFree&Easy
M3 太陽ノック
M4 逃げ水
M5 サヨナラの意味
MC
M6 走れ!Bicycle
M7 ダンケシェーン
M8 DANCEナンバー
M9 制服のマネキン
M10 命は美しい
M11 不等号
M12 シークレットグラフィティー
M13 誰よりそばにいたい
M14 僕の衝動
M15 トキトキメキメキ
M16 三番目の風
MC
M17 インフルエンサー
M18 きっかけ
M19 ガールズルール
M20 あの教室
M21 僕が行かなきゃ誰が行くんだ?
M22 低体温のキス
M23 意外BREAK
M24 自惚れビーチ
MC
M25 新しい世界
M26 シンクロニシティ
M27 13日の金曜日
M28 風船は生きている
M29 アンダー
MC
M30 君の名は希望
<アンコール>
VTR
EN1 ロマンスのスタート
EN2 転がった鐘を鳴らせ!
MC
EN3 ジコチューで行こう!(21stシングル表題曲)
MC
EN4 乃木坂の詩
VTR
EN5 三角の空き地(21stシングルアンダー曲)
MC
EN6 ハウス!
EN7 おいでシャンプー
<ダブルアンコール>
WEN1 ガールズルール

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでTOKYO POP LINEをフォローしよう!