乃木坂46がBicycleで走る!2会場行き来しての6周年バースデーライブ <ライブレポ・明治神宮野球場>

乃木坂46が8日、東京・明治神宮野球場と秩父宮ラグビー場の2会場を使用して、「乃木坂46 真夏の全国ツアー2018 “6th YEAR BIRTHDAY LIVE”」の3日目の公演を行った。


乃木坂46は「真夏の全国ツアー2018」とデビュー6周年を記念する「6th YEAR BIRTHDAY LIVE」を兼ねて、7月6日(金)〜8日(日)の3日間、歴史上初となる明治神宮野球場&秩父宮ラグビー場の2会場同時併催ライブを開催。来場者数は両会場あわせて各日6万人、3日間で合計18万人を動員した。

オープニングでは、20thシングル『シンクロニシティ』の選抜メンバーとアンダーメンバーが乃木坂駅からそれぞれ別の電車で会場に向かう映像がスクリーンに映し出された。『Overture』が会場に鳴り響いた後、乃木坂駅を走る東京メトロ千代田線を模したトロッコに乗ってメンバーが登場。1曲目の『自惚れビーチ』を歌いながら、車両の窓から顔を出して会場のファンに手を振るなどしてアリーナを半周し、サブステージへ。センターを務める鈴木絢音が「神宮〜!、行くぞー!!」と声を張り上げ、会場のボルテージを一気に引き上げる。花道を通って円形のセンターステージに集まると、『13日の金曜日』から『新しい世界』『風船は生きている』『アンダー』と続いた。『アンダー』では北野日奈子とともにWセンターを務めていた中元日芽香がすでに卒業しているため、2017年11月の休養から段階的に活動に復帰している北野が堂々たるパフォーマンスで単独センターを務めた。

アンダーメンバーの斎藤ちはると相楽伊織は20thシングルの活動をもってグループを卒業することが決定しており、この日が最後のライブ出演となった。
最初のMCでは、渡辺みり愛が「謝りたいことが1つありまして……」と切り出すと、開演前の影ナレで声を詰まらせたことに言及し、「(相楽)伊織と(斎藤)ちはるさんが最後だから、最初から号泣しちゃって、申し訳ないです。今日は泣かずに笑顔で見送りたいなと思ってます」と仕切り直した。

ここで「神宮のみなさ〜ん!」と秩父宮ラグビー場の白石麻衣から呼びかけがあり、スクリーンに秩父宮の様子が映し出されると、会場からは「おお〜!!」という歓声が沸き起こる。桜井玲香が「2会場を中継で繋いだり、メンバーが行ったり来たりして、シンクロニシティ感を出していきたいなと思います!」と、この史上初のライブに対する意気込みを述べ、「なんか中継繋いだら私たちも神宮行きたくなってきちゃったね」と話すと、神宮球場は大興奮。桜井の「出発進行!」の号令で、『走れ!Bicycle』を歌いながら、会場間の大移動がはじまった。神宮のスクリーンには秩父宮にいたメンバーが自転車などを使用して、こちらに向かう様子が映された。

神宮球場に到着した選抜メンバーはサブステージの下に自転車で乗りつけ、ライブ定番曲の『ダンケシェーン』をスタート。
メンバー1人ずつが名前をコールされながらソロダンスを披露するダンスパートを挟んで、『制服のマネキン』へ。同曲のセンターを務めていた生駒里奈がグループを卒業しているため、センターポジションには齋藤飛鳥が立ち、また振り付けも一新されて、初期からの乃木坂46ファンにも新しい楽曲に生まれ変わったようなインパクトを与えた。
『命は美しい』では、場内に設置された3つの巨大なスクリーンに秩父宮ラグビー場の映像も映し出され、ピタリとシンクロしたパフォーマンスに会場は熱狂の渦に。
白石が「神宮〜!おまえら行くぞー!!」と観客を煽り、乃木坂46の夏のキラーチューン『ガールズルール』で神宮球場の熱気は最初のピークを迎えた。

ライブ中盤に差し掛かるとユニット曲のブロックに突入。
齋藤飛鳥と堀未央奈による『あの教室』や、衛藤美彩、白石麻衣、高山一実、松村沙友理の年長メンバー4人による『意外BREAK』などが披露され、黒いレザーの衣装に身を包んだ生田絵梨花は、スモークが噴出するCO2ガンを手に、ロックナンバーのソロ曲『低体温のキス』で力強い歌声を響かせた。

ここでアンダーメンバーが再び神宮球場に。『誰よりそばにいたい』『不等号』『シークレットグラフィティー』の3曲を披露した。卒業した中元がセンターを務めていた『不等号』では、井上小百合がそのポジションに入り、ひときわ大きな歓声に迎えられた。
次に、3期生が神宮球場に集結。『僕の衝動』をパフォーマンスすると、『トキトキメキメキ』ではセンターの岩本蓮加が「この曲でもっともっと盛り上がって行きましょう!」と煽りを入れながらメインステージから駆け出し、3期生たちはアリーナに十字型に設置された花道を3方向へ散り散りに。センターステージに再び集まると、彼女たちの初めての楽曲である『三番目の風』を披露した。
2016年の秋に加入した3期生にとって、神宮球場でのライブに参加するのは今年で2回目。今や乃木坂46に欠すことのできないメンバーに成長した姿をファンに見せつけた。
その後のMCでは、今まで自転車に乗れなかったという阪口珠美が「この3日間で乗れるようになりました!すごいうれしいです!」と喜びを爆発させ、会場が温かい拍手に包まれた。

「まもなく1番線に電車がまいります」のアナウンスとともに、選抜メンバーが電車型のトロッコに乗って再登場。メインステージに降り立つと、火薬や音玉を使用した派手な演出とともに『インフルエンサー』へ。続く『逃げ水』では、ブルーのライトが夕闇に包まれた神宮球場を照らした。
そしてここで、本公演の別称“シンクロニシティ・ライブ”の由来になっている楽曲『シンクロニシティ』を両会場で同時パフォーマンス。神宮球場のメンバーは赤を基調とした衣装に身を包み、会場のペンライトも赤一色に。一方、秩父宮のアンダーメンバーは薄いブルーの衣装を着用し、客席は一面青に染まった。
やがて2色が混ざり合うように両会場のペンライトは紫に。上空を飛行するヘリから乃木坂カラーに染まった両会場が映し出された。
その後、大園桃子が「神宮〜!!まだまだ盛り上がって行けるか〜!?」と、力いっぱい叫び、『太陽ノック』『夏のFree&Easy』と夏のヒットシングルを立て続けに繰り出してボルテージは最高潮に。『裸足でSummer』では460発の花火が夜空を彩った。
本編のラストはオーケストラによる演奏をバックに、『君の名は希望』を歌唱。スクリーンには再び両会場の映像が映し出され、離れた場所にいるメンバーの歌声が1つに重なり、2つの会場を大きな感動に包み込んだ。

アンコール前、スクリーンには突如「ザンビプロジェクト始動」というタイトルとともに乃木坂46メンバーが出演するホラー作品の映像が映し出され、謎の映像に会場のファンから驚きと期待の歓声があがった。
VTR明け、桜井は「めっちゃ怖いやん、何いまの?」と、映像に出演していた齋藤に尋ね、齋藤は「そうなんだよね。ごめんなさいね、楽しげなライブのときに」と苦笑いを浮かべながら謝罪して笑いを誘う。
映像について説明を求められると、「皆さんも気になってると思うけど、あれはまあ、ああいうの撮ったよ〜っていう。ああいうの撮ったからお楽しみに〜みたいな感じ」と、ゆる〜く説明。「想像を膨らませていただいて、しばらくモヤモヤしといていただいて、そのうちたぶんいろんなお知らせができると思うので」と期待感を煽った。

そして始まったアンコールでは、21枚目シングルの選抜メンバーとアンダーメンバーに分かれ、抽選の結果、選抜メンバーが秩父宮に、アンダーメンバーが神宮に。
神宮球場に登場したアンダーメンバーたちは『ロマンスのスタート』『転がった鐘を鳴らせ!』の2曲をパフォーマンスした後、中田花奈が「続いての曲は8月に発売される21枚目のシングルに収録されている、私たちの曲になります!もちろん初披露となります!」と、中田がセンターを務める新曲『三角の空き地』を初パフォーマンス。歌唱後、同曲で6年ぶりにセンターを務める中田は「めちゃめちゃ緊張しちゃった」と照れ笑い。「今回(センターに)選んでいただいたということで、私はアンダー歴が長いので、アンダーの魅力を伝えていけたら」と意気込みを語った。

メンバーがライブの感想などを話した後、秩父宮と中継を結び、乃木坂46のコンサートでエンディングを飾る楽曲『乃木坂の詩』へ。
相楽伊織と斎藤ちはるのラストステージが終わりに近づき、花道を歩きながら、相楽は北野ら同期のメンバーと抱き合い、斎藤は瞳を潤ませながらも笑顔でファンに手を振った。
メインステージに戻ると、2人が横一列に並んだメンバーの中央に立ち、オフマイクで「ありがとうございましたー!!」とファンに挨拶してメンバーはステージを後にした。

ステージ上に誰もいなくなると、スクリーンには『シンクロニシティ』のインストをバックに「6th YEAR BIRTHDAY LIVE」の1日目と2日目の公演の様子やメンバーのインタビュー、そしてエンドロールで構成された映像が放映された。
映像が終わると、スクリーンには齋藤飛鳥らの姿が。「おまえらー、これで終わりだと思っただろー?」という齋藤の言葉に神宮球場は大盛り上がり。「こっちにも来ちゃいましたー!」と21stシングルの選抜メンバーが神宮のステージに登場し、「せっかくなので、8月にリリースされます新曲を披露したいと思います」と、同シングル表題曲『ジコチューで行こう!』を披露。楽曲は夏らしい爽快なポップ・ナンバーに仕上がっており、センターを務める齋藤飛鳥は「だいぶ盛り上がる曲になってますので、これから皆さんに愛される楽曲になればいいなと思います」と期待を込めた。

再び中継が結ばれ、秩父宮にいる寺田蘭世の会場をまたいでのコール&レスポンスで盛り上がった後、齋藤の「次の曲であれですよ。テンションぶち上げですよ。ぶち上げていきましょー!」という曲振りから『ハウス!』『おいでシャンプー』でアンコールのラストを駆け抜けた。
メンバーがステージを降り、規制退場のアナウンスが流れるも、鳴り止まないアンコールに応え、突如「ガールズルール』のイントロともにメンバーがステージに飛び出し、白石麻衣が『まだまだいくぞー!』と叫び、会場は再び熱狂の渦に。
最後に桜井が「本当に皆さんありがとうございました。バースデーライブ3日間、本当に素敵なライブなりました。これから夏にかけて各地でライブをしていくんですけど、今日皆さんからたくさんパワーをいただいたので、このパワーを使って全国に元気を届けたい」と今後のツアーに向けた意気込みを示し、史上初の2会場同時併催ライブ3DAYSに幕を下ろした。

乃木坂46 真夏の全国ツアー2018 “6th YEAR BIRTHDAY LIVE”
明治神宮野球場セットリスト

M0 Overture
M1 自惚れビーチ
M2 13日の金曜日
M3 新しい世界
M4 風船は生きている
M5 アンダー
MC
M6 走れ!Bicycle
M7 ダンケシェーン
M8 DANCEナンバー
M9 制服のマネキン
M10 命は美しい
M11 きっかけ
M12 ガールズルール
M13 あの教室
M14 僕が行かなきゃ誰が行くんだ?
M15 低体温のキス
M16 意外BREAK
M17 誰よりそばにいたい
M18 不等号
M19 シークレットグラフィティー
MC
M20 僕の衝動
M21 トキトキメキメキ
M22 三番目の風
MC
M23 インフルエンサー
M24 サヨナラの意味
M25 逃げ水
M26 シンクロニシティ
M27 太陽ノック
M28 夏のFree&Easy
M29 裸足でSummer
MC
M30 君の名は希望
<アンコール>
VTR
EN1 ロマンスのスタート
EN2 転がった鐘を鳴らせ!
MC
EN3 三角の空き地(21stシングルアンダー曲)
MC
EN4 乃木坂の詩
VTR
EN5 ジコチューで行こう!(21stシングル表題曲)
MC
EN6 ハウス!
EN7 おいでシャンプー
<ダブルアンコール>
WEN1 ガールズルール

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでTOKYO POP LINEをフォローしよう!