乃木坂46久保史緒里が地元の魅力を伝える「宮城・仙台 旅しおり」第2弾がスタート 涙の理由は?

久保史緒里「宮城・仙台 旅しおり」

乃木坂46の3期生・久保史緒里が宮城・仙台の魅力を伝えていくWeb動画シリーズ企画「宮城・仙台 旅しおり」の第2弾がスタート。ダイジェスト版が公開された。


仙台市に本社を置く和洋菓子の製造販売会社・菓匠三全による本企画は、宮城県出身の久保が地元である宮城・仙台の様々な観光名所を実際に訪れ、その魅力を紹介していくもので、2017年8月にスタートし、全6篇の動画が公開された。
今年も昨年に引き続き久保を起用し、全7篇の動画を公開予定となっている。

最初に公開されるのは、昨年夏、久保が一目千本桜の場所で撮影をした際「桜が咲いた頃、また見に来たいな」と話していたことから、桜満開の「一目千本桜篇」を7月17日(火)に公開予定。最近では海外からの観光客も目立つようになってきた「一目千本桜」や近くの「船岡城址公園」を訪れる。

7月下旬には今回のトピックともいえる「楽天イーグルス」 篇、8月上旬に「楽天イーグルス チアスクール」特別篇を公開予定。小学校 3年から中学校3年まで、楽天イーグルスのチアスクールに通っていた久保が、かつてパフォーマンスしていた「楽天生命パーク宮城」や、毎週通っていたチアスクールの教室を訪れる。公開されたダイジェストには久保が涙を見せる場面も映されている。

■特設Webサイト「宮城・仙台 旅しおり」
https://miyagisendaitabishiori.themedia.jp/

©乃木坂46LLC

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでTOKYO POP LINEをフォローしよう!