AKB48高橋朱里、1st写真集は100点でもあり0点でもある“曖昧な”一冊

高橋朱里

AKB48の高橋朱里が20日、都内の書店にて、初のソロ写真集『高橋朱里 1st写真集 曖昧な自分』(講談社/7月24日発売)の先行お渡し会を開催。イベント前に報道陣の取材に応じた。


写真集のタイトル『曖昧な自分』は、秋元康氏が命名。高橋は候補の中にこのタイトルを見つけた時、「これは今の自分だな」と思ったという。「曖昧な自分がすごく嫌だったんですけど、秋元さんから帯のコメントに『もっと曖昧でいいんだよ』という言葉をいただいて、すごくうれしかった」と言葉を噛みしめる。

さらに表紙の写真について聞かれると、「裏表紙は鏡を見てぼやけているのが“曖昧”だなというか、ピントをあわせない感じが……“曖昧”って言いたいだけみたいになっちゃってますけど」と、周囲を笑わせる。
本書では人生初というランジェリー姿での撮影にも挑戦しており、「撮影していて際どいカットになる時に、見えるのか見えないのか、そこも“曖昧”で……隠したんですけど、カメラマンさんには絶対見えてるよな?みたいな。でもそこも“曖昧”でいいんだと。白黒つけずに、気にしすぎずに、“曖昧”で行こうと。秋元さんの言葉に背中を押された感じはあります」と、おどけた。

お気に入りの一枚は、本人曰く「たぶん道に迷って不機嫌だった」という、普段目にすることのない沈鬱な表情のカット。「この表情は自分でも引いたくらいアイドルじゃなくて、本当にビックリした。今の私とも全然違いますし、でもこれが自分の自然の表情なので、ちょっと闇が見え隠れしているんですけど、作っていない自分というか、アイドルらしさを追求したものじゃない、これが自分なんだっていうものが前面に出ている一枚」と紹介。

そんな素の表情も収められた一冊について、出来を聞かれると、「写真集としては100点満点なんですけど、アイドルとしては0点」と、こちらも“曖昧”な採点となった。

「高橋朱里 1st写真集 曖昧な自分」(講談社)


この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでTOKYO POP LINEをフォローしよう!