欅坂46平手友梨奈の「響」原作表紙完全再現に原作者も感動

平手友梨奈が原作表紙を再現

映画『響 -HIBIKI-』で主演を務める欅坂46の平手友梨奈が、原作漫画「響〜小説家になる方法〜」の表紙を再現したビジュアルが公開された。


出版不況の文学界に彗星のごとく現れた1人の天才少女・響が、過去の栄光にすがる有名作家、スクープの欲だけで動く記者、生きることに挫折した売れない小説家など、様々な人に計り知れない影響を与えていく様を描く本作。
今回の企画は平手自身の発案がきっかけ。原作の世界観に共感した平手が、響自身と完全にシンクロするビジュアル再現を熱望したことによってスタートした。

再現されたのは、平手演じる15歳の天才女子高生小説家・鮎喰響の1ショットで描かれた、原作第1集から第5集までの表紙。
第1集の表紙は、様々なアニメやマンガの世界をリアル化する世界的なグラフィックプロジェクト「ANIMAREAL(アニマリアル)」が担当し、第4集の独特で艶やかな着物の模様の再現は、映画のVFXを手掛けるピクチャーエレメントが担当するなど、平手の発案の元に多くのクリエイターが集い、撮影も顔の角度や手の位置など細部にまでこだわった結果、まさしく鮎喰響が実在したかのような、映画と原作をつなぐ奇跡のビジュアルが完成した。

響の他者に媚びたり屈したりしない信念の人間のイメージに平手を重ね、「『サイレントマジョリティー』のPVを見た時から、もし響が実写化するなら、主演は平手さんしかいないなと思った」と語っていた原作者の柳本光晴氏は、完成した再現ビジュアルに「平手さんが本当にしっくりくる、ピッタリきてる」と太鼓判。「パッと見て感動するくらい嬉しかったですし、一つ一つにもこだわりを感じました」と語る。
平手は「見る人によっていろんな意見が分かれると思いますが、見ていただけたらうれしいです」とコメントしている。

映画『響 -HIBIKI-』は9月14日(金)全国公開。

Ⓒ2018映画「響 -HIBIKI-」製作委員会 Ⓒ柳本光晴/小学館

平手友梨奈コメント

意外と細かいところまで再現するのが難しかったです。
見る人によっていろんな意見が分かれると思いますが、見ていただけたらうれしいです。

原作者・柳本光晴コメント

このビジュアルを見て真っ先に思ったのは、平手さんが本当にしっくりくる、ピッタリきてるということです。
とにかく、パッと見て感動するくらい嬉しかったですし、一つ一つにもこだわりを感じました。嬉しいです。
本当にありがとうございます。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでTOKYO POP LINEをフォローしよう!