欅坂46・菅井友香、乃木坂46と“かき氷”で親睦会希望

秋元、西野、長濱、菅井(左から)

乃木坂46の秋元真夏、西野七瀬と欅坂46の菅井友香、長濱ねるの4人が27日、都内で行われたスマートフォン向けゲームアプリ「ウィムジカルウォー」のPR発表会に出席した。


「ウィムジカルウォー」は、GMOインターネットが8月より提供するゲームアプリ内で報酬としてプレイヤーに仮想通貨を配布できる「CryptoChips」の実装タイトル第一弾。ゲーム内のプレイヤーランキングに応じてビットコインが報酬として配布される「CryptoChips対応シーズン」が8月6日よりスタートする。

「CryptoChips対応シーズン」での1位賞金が1500円相当のビットコインであることから、4人が「1500円でほしいもの」をフリップに書いて発表する場面で、菅井は「かき氷会」と記入。「今すごくかき氷屋さんを巡るのが流行っているので、私も行ってみたい。乃木坂46さんとご飯とかに行かせていただく機会が今のところなかなかないので、もしよろしければ……秋元さんと西野さんと行けたらすごくうれしいなと思って書きました」とグループ間の交流を希望すると、乃木坂46の2人は「え〜!」とうれしい悲鳴をあげる。
司会者から「普段の交流は少なめ?」と尋ねられた秋元は、「お互いグループ同士が人見知りというのもあって、なかなかご飯に一緒に行ったりとかは少ないんですけど、乃木坂もかき氷好きな子がたくさんいて、私たちも好きなので是非行きたい」と笑顔を見せた。

「ウィムジカルウォー」の「CryptoChips」対応を記念して、賞金総額300万円相当のビットコインをかけた公式リアル大会「Whimsical War ジントリチャンピオンシップ2018」も、9月29日に東京・六本木で開催される。
菅井は「300万円相当のビットコイン手に入ったら?」という質問には、「世界へ旅行に行ってみたくて、今行きたいのはブラジル。ブラジルに生息している植物のジャボチカバっていうフルーツを食べてみたい」と目を輝かせた。

また、秋元は来月20日が25歳の誕生日。メンバーの白石麻衣の誕生日と同日で、毎年、2人の名前が入った1つのケーキでお祝いしてもらっているそうだが、一度だけケーキが2つあり、白石のケーキのほうが少しだけ大きかったことがあると明かし、「それが心に残っていて、なんでまいやんのが大きかったんだろうと思っていたので、今年はまいやんより大きいケーキを手に入れるのが目標です」と、この夏の密かな野望を語っていた。

“坂道シリーズ”と呼ばれる乃木坂46と欅坂46だが、両グループのメンバーが今回のようなPRイベントで共演するのは珍しく、イベント中には長濱と菅井のマイクトラブルと西野がフォローするレアな一幕も見られた。


この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでTOKYO POP LINEをフォローしよう!