単独初出演のけやき坂46が堂々のパフォーマンスとハッピーオーラでTIF初日を締めくくる

TIFに登場したけやき坂46

けやき坂46(ひらがなけやき)が3日、東京・台場周辺で開催中の「TOKYO IDOL FESTIVAL 2018」(TIF2018)に登場した。


TIF2018初日のトリを飾ったけやき坂46は、学業のため休業中の影山優佳と、スケジュールの都合で欠席となった宮田愛萌を除く18人で登場。会場となったTIF2018のメインステージ「HOT STAGE」(Zeppダイバーシティ東京)は超満員となり、入場規制が敷かれるほど多くのアイドルファンが詰めかけた。

「ハッピーオーラ」をモットーに活動するけやき坂46。佐々木美玲が「皆さん、今日ハッピーを受け取る準備はできてますか?」と問いかけると、会場は大歓声で応える。昨年は先輩グループの欅坂46とともにTIFに出演。佐々木は「今年は私たちひらがなけやきが単独で、そしてトリを務めさせていただいて、すごくうれしいです」と単独初出演を喜んだ。
2期生はTIF初出演となり、渡邊美穂は「アイドルって本当にキラキラしていて可愛いし、ステージでパフォーマンスをはじめた途端にかっこよくなる。そのギャップがたまらなく好きで、それに憧れてひらがなけやきに入ったので、今こうしてステージに立てていることが何よりも幸せです!」と屈託のない笑顔を見せた。

ライブでは、「ひらがなで恋したい」「期待していない自分」など、6月にリリースしたけやき坂46初の単独アルバム「走り出す瞬間」に収録された楽曲を中心に披露。1期生による「おいで夏の境界線」や、2期生による「半分の記憶」もパフォーマンスされた。
終盤の「誰よりも高く跳べ!」「NO WAR in the future」の前には、メンバーが「お台場の皆さーん!飛ぶ準備できてますかー!?」「そんなんじゃ全然聞こえないぞー!もっと声出せー!!」「ひらがなと一緒に夏の思い出作ろうぜー!!」「ラスト2曲だぞ!もっと声出せー!」と口々に会場を煽り、満員の会場を熱狂の渦に巻き込んだ。

「TOKYO IDOL FESTIVAL」は毎年夏にお台場・青海地区を会場として開催される世界最大級のアイドルイベントで、今年で9回目の開催。昨年に引き続き今年もHKT48の指原莉乃がチェアマンを務める。8月5日(日)まで開催。


この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでTOKYO POP LINEをフォローしよう!