8万人熱狂のアイドルの祭典「TIF2018」閉幕 チェアマン指原莉乃「とっても楽しい3日間に」

「TIF2018」グランドフィナーレ

毎年夏恒例となっている世界最大級のアイドルイベント「TOKYO IDOL FESTIVAL 2018」(TIF2018)が、今年も8月3日(金)から5日(日)にかけて東京・台場周辺で開催された。


今年で9回目の開催を迎えたTIF。これまでTIFのステージを彩ってきたアイドルグループの中には、すでに解散を発表しているグループも多く、彼女たちの最後のTIF出演にも注目が集まった。
最終日夕刻に行われたベイビーレイズJAPANのTIFラストパフォーマンスでは、広大なSMILE GARDENを大勢のアイドルファンが埋め尽くし、ラストの「夜明けBrand New Days」で会場は興奮の坩堝と化した。
そのすぐ後にはHOT STAGEに、2010年の第1回からTIF皆勤賞のPASSPO☆が登場し、同じくTIF最後のパフォーマンスを披露。インディーズ時代のデビュー曲「Let It Go!!」などグループの歴史を辿る懐かしいセットリストで沸かせた。
続いてHOT STAGEでは、昨年に引き続きTIFのチェアマンを務めた指原莉乃率いるHKT48がライブ巧者らしい圧巻のステージを見せ、今年のTIF大トリの大役を果たした。

グランドフィナーレでは、ステージに今年の出演アイドルたちが集結。
PASSPO☆の根岸愛は「指原さんがTwitterで、私たちの盛り上がりを壊さないように頑張りたいですって言ってくれて、指原さんは『指祭り』にもPASSPO☆を出演させていただたり本当にお世話になっていて、最後に指原さんの前で目一杯フライトができて本当に楽しかったです」と指原への感謝も交えながらTIFでのラストステージを振り返り、同じく今年解散となるバニラビーンズは「まだまだTIFは続いていきますし、アイドルシーンも盛り上がっていくと思いますので、皆さん是非アイドルの音楽をこれからも愛してあげてください」とアイドルファンへメッセージ。
チェアマンを務めた指原は「皆さん3日間暑かったと思うんですけど、3日間通ってくださった方、そして1日1日通ってくださった方、本当にありがとうございました。皆さんのおかげでアイドルもとっても楽しい3日間になりました」と出演アイドルを代表して、来場したファンに感謝を伝えた。

TIFでしか見られないコラボステージも毎年の楽しみの1つ。元Dream5の大原優乃とコラボした東京女子流の新井ひとみは、「本当にたくさんの皆さんと盛り上がることができて楽しかったです。TIF限定なので来年も一緒にできたら」と1年後の再結成に期待を込め、Dream5の活動停止以来3年ぶりのTIF出演となった大原は「あらためてTIF最高だなって思いました!楽しかったです」と笑顔を見せた。

「TOKYO IDOL FESTIVAL 2018」では、8つのステージに合計200組を超えるアイドルが出演し、3日間で延べ約8万1000人の観客を動員。
各アイドルたちのライブパフォーマンスに加え、TIFでしか見られないコラボステージ、さらにはアイドルカラオケバトルやアームレスリング大会といったコンテンツも催され、大きな盛り上がりを見せた。


この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでTOKYO POP LINEをフォローしよう!