乃木坂46山下美月、大阪公演で見せた松村沙友理のパフォーマンスに感嘆の声「プロのアイドルだなって」

「劇場版 七つの大罪 天空の囚われ人」完成披露上映会

6日、『劇場版 七つの大罪 天空の囚われ人』の完成披露上映会が都内の劇場で行われ、声優の梶裕貴、久野美咲、本作の応援隊長を務めるお笑いコンビ・よゐことともに、本作の主題歌を歌う乃木坂46から梅澤美波、山下美月、与田祐希の3人がゲストとして登壇した。


この日は8月6日の「ハムの日」にちなみ、作中に登場する話せる豚・ホークのように大食いキャラのメンバーはいるかと尋ねられた山下は、「乃木坂46のメンバーみんなよく食べるんですけど、中でも松村沙友理さんは楽屋にいる時ずっと食べてる」と明かし、前日に大阪で行われた野外ライブを振り返って「(気温が)37度か38度あったんですけど、曲中にステージに炊飯器を持ってきて白米を食べ始めた」と驚きのエピソードを披露。これには、よゐこの2人も「曲中に?歌いながら?」「パフォーマンスの1つとして?」「その時間に炊けるようになってたの?」と興味津々。山下は「ファンサービス的なものだと思うんですけど……プロのアイドルだなって思いました」と松村のサービス精神に感心するも、キャスト陣から「アイドルはそういうのやらないよ」と突っ込まれ、会場は笑いに包まれた。

作品のタイトルにちなみ、3人は「嫉妬の罪」に当てはまると思うメンバーを一斉に指さすことに。
梅澤を指した山下は、「スタイルがとにかく良くて、すっごい足長くて、私の顔くらいの位置に腰があるんじゃないかっていうくらい」と大袈裟に表現して笑いをとりつつ、「隣に並ぶのがちょっと恥ずかしい」と長身の梅澤に羨望の眼差し。乃木坂46メンバーで最も身長が低い与田も同じく梅澤を指し、「山下が隣に並ぶのが恥ずかしいって言われると、私は公開処刑……」と肩を落とした。
一方、梅澤は与田を指し、「逆にすごい小さくて、なんでも許せちゃう可愛さを持っているところがいいなといつも思ってる」と、お互いにないものねだりしていることを明かしていた。

現在上演中の舞台『七つの大罪 The STAGE』でヒロインのエリザベスを演じている梅澤は、劇場版の主題歌『空扉』でセンターを務めており、「かなりのプレッシャーがあるんですけど、人気作品の映画化ということで、この曲で応援に繋がったらいいなという気持ちでセンターに立ちたい」と気を引き締めていた。

本作は累計2750万部突破の同名コミックの初の映画化。魔神族からリオネス王国を救った伝説の騎士団「七つの大罪」は、国王の誕生日を祝うため、幻の食材・天空魚を探しに辺境の地へ向かう。天空の世界“天空宮”へと飛ばされてしまった団長・メリオダスたちは、天空宮で凶悪な魔獣の解放を企む“ベルリオン”率いる強靭な魔神族の集団「黒の六騎士」と激突する。8月18日(土)全国公開。


この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでTOKYO POP LINEをフォローしよう!