木村拓哉、映画初共演の二宮和也を絶賛「頼りがいのある後輩」

木村に絶賛されピースする二宮

木村拓哉と二宮和也が6日、都内で行われた映画『検察側の罪人』の完成披露試写会で、吉高由里子、大倉孝二、八嶋智人、音尾琢真、芦名星、原田眞人監とともに舞台挨拶に登壇した。


映画は雫井脩介の同名小説を原田眞人監督が実写化。東京地検を舞台に、ある殺人事件の捜査をめぐって2人の検事がそれぞれの正義を求めて対立していく様を重厚に描き出すサスペンス・エンターテイメント。

会場の客席中段、左右の扉に分かれて登場した木村と二宮は、4000人の観客の大歓声を受けながら、会場中央に設置されたランウェイ上で合流して握手と抱擁を交わす。
共演者たちとともに紅白のランウェイを歩いてステージに登壇すると、二宮は「先輩とこうやって一緒に並んでステージの上に立てるのは本当に貴重で、皆さん写真を撮りたいでしょうけど、ケータイとかしまってあるでしょうし、とか言って僕が一番撮りたいんですけど、僕は楽屋に置いてありますから」と、おどけながら、「一緒の作品をつくれること、一緒のスクリーンに映れることに感謝しながら毎日撮影に挑んでました」と木村との共演を振り返った。

エリート検事・最上役の木村と若き検事・沖野役の二宮は本作が映画初共演。
印象を聞かれた木村は「これはもちろん皆さんの前でも、別にマイクがなくても、カメラが入ってなくても、どこでも胸を張って言えることですけど」と前置きしてから、「これほど一緒に作業していて信頼できる共演者は珍しいですし、本当に頼りがいのある後輩だなと思います」と二宮の肩を抱くと、場内に悲鳴のような歓声が響き渡った。
二宮は茶目っ気たっぷりにピースしながら、「いい人生ですよ」と感無量の様子。「この平成という時代の元年から平成が終わろうとしている今まで立ち位置もスタイルも変えずにずっとトップを走り続けてきた木村拓哉という人と、一度一緒に作品を作りたいなとずっと思っていて、それがこの平成のギリギリ最後の最後に滑り込めたんじゃないかなと思う。それだけでも恵まれているのにこういう言葉までいただけて……感謝です!」と充実感をにじませた。

共演の吉高は「こんな、ギャーって(大歓声を)聞いたことなくて……風が吹いてきてた」と2人の人気ぶりに目を丸くしていた。

映画『検察側の罪人』は8月24日(金)より全国で公開。


この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでTOKYO POP LINEをフォローしよう!