ドラマ「賭ケグルイ」続編&映画公開決定!浜辺美波、イベント中にうっかりフライング

「賭ケグルイ」続編&劇場版製作発表

MBS/TBSドラマイズム枠で2018年1月より放送されたドラマ『賭ケグルイ』のBlu-ray&DVD発売記念イベントが9日、都内にてキャストの浜辺美波、高杉真宙、森川葵らを迎えて行われ、イベント内でドラマseason2の放送と劇場版の製作が発表された。


ドラマ『賭ケグルイ season2』は2019年春にMBS/TBS ドラマイズム枠で放送。『映画 賭ケグルイ』は2019年春に全国公開される。
ドラマ、映画ともにまもなく撮影開始となり、ドラマでは原作の時系列に沿って『ドラマseason1』の続きが描かれ、映画のストーリーについては後日発表される。

浜辺は「撮影が今から楽しみで、今日キャストの皆さんと会って、もっと楽しみになりましたね」と声を弾ませ、高杉は「同じ役を時間をおいてやるのはなかなかないことなので、こうやって皆さんの前で発表できたのも嬉しいですし、皆さんのおかげ」とドラマのファンに感謝。
3人をはじめとする『ドラマseason1』のメインキャストは続投が決定しており、森川は「新しく決まっているキャストをさっき聞いたんですけど、本当に豪華なので、シーズン2も映画も楽しみにしていただけたら」と期待感を煽った。

実はこの日のイベントの序盤に、ドラマでの森川の笑いの演技の話題の途中、高杉から「夢子はそういう笑い方なかったですね?」と尋ねられた蛇喰夢子役の浜辺が「夢子はなかったですね。次はあるかな?」とポロッと続編を匂わせる発言をしてしまう一幕があり、イベントの最後に続編と映画が発表された際には、森川らから「さっきちょっと言いかけたよね?」と総ツッコミ。浜辺は「ちょっとね、言いたくて言いたくて我慢できなかったんですよね」と苦笑いするしかなかった。

シリーズ累計400万部突破の同名漫画を原作とするドラマ『賭ケグルイ』は、ギャンブルの強さだけが生徒の階級を決める、政財界の子女が通う私立百花王学園を舞台に、この学園に転校してきた謎多きギャンブル狂の美少女・蛇喰夢子と、彼女に翻弄されながらも、ともに成長していく男子生徒・鈴井涼太、そして夢子のライバルであり、ギャンブルで敗れるも後に共闘していくJKギャンブラー・早乙女芽亜里らを中心に、毎回極限の心理バトルが繰り広げられる。

イベントにはドラマのオープニングテーマを歌ったRe:versed(巴山萌菜)と、メガホンをとった英勉監督も出席した。


この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでTOKYO POP LINEをフォローしよう!