浅川梨奈・大原優乃ら人気グラドルたちが浴衣姿で揃い踏み “打倒「パスポート」”狙う

エイベックス所属のグラドルたちが集結

浅川梨奈、大原優乃ら、エイベックス・マネジメント制作のグラビアブック「a-books gravure 2018」(8月3日発売)に登場しているグラビアアイドルたちが9日、刊行記念の会見を開いた。


本書は、カバーガール大賞コミック雑誌部門で2年連続1位を獲得し、現在は女優としても活躍する浅川梨奈をはじめ、昨年グラビアデビューし、現在飛ぶ鳥を落とす勢いでグラビアやバラエティで活躍する大原優乃、レポーターとして話題も集めるタレント・出口亜梨沙や、SUPER☆GiRLSの人気メンバー・渡邉幸愛など総勢10名が出演。

大原とペアで撮影した浅川は、「優乃ちゃんて『キャキャキャッ』って楽しそうに笑うので、小学生が現場にいるのかなと思うくらい(笑)。同い年なんですけど。『あ〜、もう可愛い!』って、ひたすら愛でまわしていました。先輩なんですけどね」と撮影を回顧。
その大原は「このグラビア本ができたのも、浅川梨奈ちゃんがグラビアをやったからだと思う。エイベックスでグラビアがこんなに大きくなったのは、梨奈ちゃんの努力だったり活躍があったからこそ」と浅川をリスペクト。「撮影でもポージングとか勉強になりましたし、頭をたくさんナデナデしてもらって楽しかったです」と満面の笑みを浮かべた。

2015年夏に本格的にグラビアデビューした浅川は、「私がグラビアを始めた時、周りにグラビアをやっている方が全然いなくて、今こうして同じ事務所にグラビアをやっている子がこんなに増えたのは、いろんなスタッフさんのお力があってこそだし、買って応援してくださる方がいるからこそ。私が、とかではなく、エイベックスとしてグラビア界を盛り上げていけるようになりたい」と力を込める。
「個人的には優乃ちゃんにカバーガール大賞を獲ってもらいたい」と、大原の今後の活躍に期待を寄せ、「私もカバーガール大賞をいただいたことによって自分にとっての自信になったので、自信になると思う。優乃ちゃんには今後のグラビア界を引っ張って頑張っていってもらえたら」とエールを送った。

また、目標売上を聞かれると、「白石麻衣さんを超えていきたい」と、昨年、2nd写真集「パスポート」が歴史的なヒットを記録した乃木坂46の白石麻衣に対抗心を燃やし、「やっぱり目標は高くいきたいので、私たち個々での写真集もそうですけど、これだけ10人集まってるので立ち向かっていきたい。負けても折れずに、めげずに、挑んでいきたい。打倒『パスポート』で。」と力強く宣言していた。


この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでTOKYO POP LINEをフォローしよう!