岡田准一が恐れ慄く 中島哲也監督最新作「来る」特報&劇中カット公開

映画「来る」劇中カット

岡田准一と中島哲也監督が初めてタッグを組んだ映画『来る』(12月7日公開)の特報映像と劇中カットが解禁された。


「第22回日本ホラー大賞」を受賞した澤村伊智による小説「ぼぎわんが、来る」を基に、『嫌われ松子の一生』や『告白』で人間の闇をエンターテインメントに昇華させてきた鬼才・中島哲也監督が映画化。得体の知れない何かが迫り来る恐怖を描く。
中島監督とは初タッグとなる岡田准一を主演に迎え、黒木華、小松菜奈、松たか子、妻夫木聡ら、日本アカデミー賞常連の主役級キャストが結集。企画・プロデュースを、『悪人』『モテキ』『君の名は。』などの川村元気が手がけている。

愛する妻・香奈(黒木華)と結婚式を終え、幸せな未来に胸を膨らます田原秀樹(妻夫木聡)。そんな彼の会社にある日、謎の訪問者が。取り次いだ後輩いわく、「チサさんの件で」とのことだが、秀樹の脳裏に疑問がよぎる―。チサとは、妊娠した香奈と喜び勇んでつけたばかりの娘の名=知紗。まだ二人しか知らないはずの名がなぜ―。訪問者の正体はわからぬまま。“それ”と会話した後輩は謎の死を遂げる―。
2年の月日が流れ、「イクメンパパ」として知紗を溺愛する秀樹の周囲で不可解な出来事が起こりだす…。
“何かに狙われているのでは?”と恐れた秀樹は、知人の伝手でフリーライターの野崎(岡田准一)と、その恋人で強い霊感を持つ真琴(小松菜奈)を紹介してもらうことに。だが、真琴も“それ”を感知した途端、その強大さを思い知るのだった。
そしてついに “それ”にカタをつけるため、真琴の姉で、国内一の霊媒師・琴子(松たか子)をはじめとした神社の神職、沖縄のユタなど、全国から猛者達が次々に集結してくる。
そして、クリスマスの夜。遂に“それ”との戦いが幕を開ける。

特報映像では”なにか”の気配を感じつつ、それに恐怖し、笑い、怒り、泣き叫ぶ豪華キャスト陣の鬼気迫る表情が切り取られ、場面写真でも、血にまみれた野崎(岡田)が床に倒れ込みながら、目を見開く戦慄の表情を見ることができる。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでTOKYO POP LINEをフォローしよう!