乃木坂46・山下美月が「CanCam」専属モデルに

CanCam専属モデルに決まった山下美月(乃木坂46)

乃木坂46の3期生・山下美月が女性ファッション誌「CanCam」の専属モデルに抜擢され、8月23日発売の10月号でモデルデビューすることが決定した。


西野七瀬(non-no)、齋藤飛鳥(sweet)ら多くのファッション誌専属モデルを輩出している乃木坂46。CanCam専属モデルとしては、現在、松村沙友理が活躍中だ。
そんなモデルメンバーに新たに名を連ねることとなった山下は、乃木坂46の新曲『ジコチューで行こう!』で、前作『シンクロニシティー』に続いて2作連続選抜入り、かつフロントメンバーに選ばれ、乃木坂46主演ミュージカル『美少女戦士セーラームーン』でも主人公・月野うさぎ役に抜擢された、乃木坂46の今後を担う注目の“次世代エース”の1人。

「CanCamはメークやファッションを参考にさせていただいていた憧れの雑誌です。モデルのお仕事とは縁遠いと思っていた私にとってこのお話はとてもうれしい反面、かなりのプレッシャーでもあります。読者の方に親近感を持っていただけるような等身大の存在が私の目標です。先輩方をお手本とし、ファッションや美容など多くのことを学びながら成長できるよう頑張ります」と意気込む。

起用の理由について同誌の高田浩樹編集長は、「清潔感と透明感にあふれ、まさに正統派美少女。魅力が研ぎ澄まされて、日を追うごとに写真から感じるオーラも強くなっている彼女の力をCanCamの中で思う存分発揮してもらいたい、そう思い起用を決めました」と期待を込める。

10月号では、専属デビューを記念して6ページの特集が組まれ、山下を知る9つの質問や、初専属への意気込みなどが掲載される。


この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでTOKYO POP LINEをフォローしよう!