乃木坂46・齋藤飛鳥が台湾で初めての始球式に挑戦 

乃木坂46の齋藤飛鳥が15日、台湾・桃園市の桃園国際棒球場で行われた台湾プロ野球のLamigoモンキーズvs統一ライオンズ戦で自身初の始球式に臨んだ。


台湾で始球式を行った齋藤飛鳥
台湾で始球式を行った齋藤飛鳥
齋藤がヒロインを演じた映画『あの頃、君を追いかけた』(10月5日公開)が台湾映画のリメイクであることから実現。
劇中衣装の制服に野球のユニフォームを羽織ってマウンドに登場すると、野茂英雄のトルネード投法を意識したフォームで投球。ボールは大きな山なりの弧を描いてワンバウンドでキャッチャーミットに吸い込まれた。

投球後、「ライブより緊張した」という齋藤。「投げた感じは、あんまり良くなかったのかなと思ったんですけど、いまさっき動画を見せていただいたら、思ったよりは飛んでいたので、それはよかったなあと。あと野茂英雄さんのマネをしたんですけど、それができたので満足です」と感想を述べた。
会場には現地のファンも駆けつけ、「タオルとかうちわとかを持ってる方が結構いらっしゃって、全然知られてないものだと思っていたので、ちょっとびっくりしました」と驚いた様子だった。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでTOKYO POP LINEをフォローしよう!