松村沙友理、「賭ケグルイ season2」に出演 英監督と「あさひなぐ」以来のタッグ

松村沙友理 / 夢見弖ユメミ

乃木坂46の松村沙友理が2019年春にMBS/TBSのドラマイズム枠で放送予定の実写ドラマ『賭ケグルイ season2』に出演することがわかった。


河本ほむら原作、尚村透作画、月刊「ガンガンJOKER」(スクウェア・エニックス刊)で連載中の漫画「賭ケグルイ」は、2018年1月に浜辺美波を主演に迎えて実写ドラマ化。先日行われたBlu-ray&DVD発売記念イベントで、続編となる『賭ケグルイ season2』と『映画 賭ケグルイ』の制作が発表され、大きな話題を呼んだ。

“ギャンブルの強さ”が生徒たちの階級を決定する私立百花王学園を舞台に壮絶な駆け引きと騙し合いの心理バトルが描かれる本作で、松村は学園を支配する生徒会の役員にして、カリスマ的人気を誇るアイドル・夢見弖(ゆめみて)ユメミを演じる。

ユメミは愛らしいルックスと歌唱力の高さに加え、“神対応”と言われる丁寧なファンサービスで、メジャーデビュー前にして全国ツアーを行うほどの人気アイドルだが、裏ではファンに対しての暴言を吐き散らし、“アカデミー賞を獲る”という自身の夢のためには手段を選ばないという二面性を持つ、強烈な個性のキャラクター。
松村は「ユメミちゃんは、完璧なアイドルだと思いますので、皆さんにユメミちゃんの魅力が伝わるように、私も一生懸命演じたいと思います」と意気込んでいる。

ドラマseason1に続き、本作のメガホンをとる英勉監督とは映画『あさひなぐ』に次ぐ再タッグ。
当時から松村に注目していたという英監督は「夢見弖ユメミという学園のアイドルを実写化するならこの子しかいない!絶対松村さんにオファーしようと思ってました」と念願のキャスティングが実現。
俳優の振り切った演技を演出することに定評のある英監督の手によって松村のどんな芝居が引き出されるのか、期待が高まる。

©Homura Kawamoto・Toru Naomura/SQUARE ENIX

夢見弖ユメミ役:松村沙友理 コメント

もともと好きだった作品でしたので、出演できてとても嬉しいです!
ユメミちゃんは、完璧なアイドルだと思いますので、皆さんにユメミちゃんの魅力が伝わるように、私も一生懸命演じたいと思います。
皆さんに、元気とパワーを与えられるように頑張ります☆

英勉監督 コメント

『あさひなぐ』の頃からなかなかの逸材だぞと目を付けていましたが、
キャスティングを考えながら原作を読んで改めて、夢見弖ユメミという学園のアイドルを実写化するならこの子しかいない!絶対松村さんにオファーしようと思ってました。約1年越しの念願が叶いました。
本人には毒はないですけど、今回は(役柄で)存分に毒を吐いてもらおうと思っています(笑)。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでTOKYO POP LINEをフォローしよう!