Perfume、西日本豪雨災害の復興支援のため衣装をチャリティーオークションに

ライブ配信を行ったPerfume

8月15日にニューアルバム「Future Pop」をリリースしたPerfumeが17日、本作の発売を記念したライブ配信を行い、ニコ生・YouTube・Twitterを通じて約8万5000人が視聴した。


配信内で、3人の出身である広島も大きな被害を受けた「平成30年西日本豪雨災害」の被災地復興支援のため、衣装を「ヤフオク!」のチャリティーオークションに出品することを発表。また、今作の売り上げの一部と、9月21日(金)からスタートする全国アリーナツアー「Perfume 7th Tour 2018『FUTURE POP』」のツアーグッズ売り上げの一部も寄付する。

ライブ配信では、アルバムのジャケットで印象的な光の線をコンセプトに、64本のレーザーファイバーを規則的に配置することで光のパターンが美しく浮かび上がるという演出のもと、ジャケット写真と同じ衣装を着たPerfumeが表題曲「Future Pop」を披露した。
パフォーマンス終了後、YouTubeなどの書き込みを見たPerfumeは、アルバムが多くの人に届いていることを噛み締め、また自分たちもリリース日の午前0時に自身のアルバムをダウンロードしたことなどをコメントし、アルバムリリースの喜びをファンと分かち合った。

配信ライブの最後には、PerfumeとNTTドコモのコラボレーションによって生まれた「【Perfume × docomo “Future Pop” Project】『Future Pop』MV Teaser version」が公開された。
このMVは、人やモノ、街の全てがつながりあう“Future Pop”が空想する未来の世界を描き出す作品となっており、すべての家電が通信で制御されたスマートホームや、自動運転で街を走る車など、スマートシティ化した世界を舞台に、Perfumeの3人がパフォーマンスをする様子が収められている。

9月21日にメジャーデビュー13周年を迎えるPerfumeは、同日より全国アリーナツアー「Perfume 7th Tour 2018『FUTURE POP』」をスタートし、全国9都市18公演を行う。

■「Perfume × docomo “Future Pop” Project」特設サイト
http://future-pop.jp


この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでTOKYO POP LINEをフォローしよう!