吉本坂46、メンバー46名決定 暫定初代センターはトレエン斎藤司&スパイク小川暖奈

吉本坂46合格者

秋元康氏がプロデュースする吉本坂46の最終審査が終了し、メンバーが決定。20日、都内でメンバー発表お披露目会が開催された。


吉本坂46のメンバーは、芸人、落語家、文化人、俳優、タレント、スポーツ選手、ミュージシャン、アイドル、ダンサー、パフォーマーらよしもと所属タレント約6,000人を対象に募集が行われ、1,747人が応募。書類審査や水着審査、ダンス審査などを経て80人が秋元康氏による最終審査へと進んだ。

会場には最終審査の結果を待つ最終候補メンバーたちが集結。さらにその家族、友人、後輩らが臨席し、一般の観覧者も見守る中、司会を務めた千原ジュニアより合格メンバーが1人ずつ発表された。

最終審査に合格し、晴れて吉本坂46のメンバーとなったのは46人。
ココリコ・遠藤章造、次長課長・河本準一、極楽とんぼ・山本圭壱らベテランから、8.6秒バズーカーの田中シングル、ジャングルポケットのおたけといった若手、さらにプロダンサーのA-NON、元・新選組リアンで俳優の榊原徹士といった多彩な顔ぶれが揃った。
また、ゆりやんレトリィバァや光永ら若手女性ピン芸人や、元・NMB48の三秋里歩、高野祐衣も合格。はんにゃやトレンディエンジェル、ガンバレルーヤら数組がコンビ揃ってのメンバー入りを果たした。

その後、よしもとクリエイティブ・エージェンシーの藤原寛社長より暫定初代センターが発表された。小川暖奈(スパイク)と斎藤司(トレンディエンジェル)の男女Wセンターとなる。
齋藤は「男女が混合しているグループなので、メンバー内での恋愛とかそういった問題はやめてくださいね」とメンバーに呼びかけ、「小川ちゃんが女子班、僕が男子班といった形で束ねさせていただきます」と意欲を見せた。

合格者の発表の後、秋元氏のコメントがVTRで放映された。
「多くは歌がうまい方、ダンスがうまい方、楽しませてくださる方、本人が楽しんでいる方を中心に選びました」と選考のポイントが明かされ、MVや歌番組に出演することを考え、人数を絞らなければならなかったことが伝えられた。
また「審査員の皆さんから強烈に推されたメンバーが選ばれた。ですから総合点で選んだということではないので、面白いバランスになったんじゃないかと思います」と期待を込め、「落ちた方、あるいは今回応募しなかった方も、2期生を募集しておりますので、2期生オーディションに参加していただけたら」と、早くも2期生の加入を示唆すると、壇上の1期合格メンバーたちがちょっと待ってくれと言わんばかりに立ち上がって慌てふためく一幕もあった。

吉本坂46メンバー(五十音順)

A-NON
池田直人(レインボー)
岩橋良昌(プラス・マイナス)
鰻和弘(銀シャリ)
エハラマサヒロ
遠藤章造(ココリコ)
旺季志ずか
大地洋輔(ダイノジ)
尾形貴弘(パンサー)
小川暖奈(スパイク)※センター
おたけ(ジャングルポケット)
おばたのお兄さん
金田哲(はんにゃ)
川島章良(はんにゃ)
きょん(ラフレクラン)
ケン(水玉れっぷう隊)
こいで(シャンプーハット)
河本準一(次長課長)
小寺真理(新喜劇)
斎藤司(トレンディエンジェル)※センター
榊原徹士
♥さゆり(かつみ♥さゆり)
島田珠代(新喜劇)
SHUHO
しゅんしゅんクリニックP
たかし(トレンディエンジェル)
高野祐衣
多田智佑(トット)
田中シングル(8.6秒バズーカー)
てつじ(シャンプーハット)
なだぎ武
西村真二(ラフレクラン)
野沢直子
HIDEBOH
光永
藤井菜央
マサルコ
まちゃあき(エグスプロージョン)
松浦志穂(スパイク)
まひる(ガンバレルーヤ)
三秋里歩
村上ショージ
八木真澄(サバンナ)
山本圭壱(極楽とんぼ)
ゆりやんレトリィバァ
よしこ(ガンバレルーヤ)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでTOKYO POP LINEをフォローしよう!