乃木坂46・秋元真夏、必殺技“ずっきゅん”進化を目論む

弓で“ずっきゅん”

乃木坂46の秋元真夏、桜井玲香、若月佑美が22日、都内で行われた「KYOTO NIPPON FESTIVAL 2018」(KNF)の記者会見に出席した。


乃木坂46は、「KYOTO NIPPON FESTIVAL 2018」で、華道家元池坊や京都吉兆とコラボレーション。
会見後の囲み取材で華道や料理以外にやってみたい伝統的なものを聞かれた秋元は「憧れるのは弓道」といい、ファンにお馴染みの得意技“ずっきゅん”が指鉄砲でハートを撃つポーズであることから、「実際に射てるようになったらかっこいいかなと思って」と実際に弓を射るポーズで“ずっきゅん”を披露。
「そろそろガチなほうに行きたい」と目を輝かせるも、桜井から「(人を)狙っちゃダメじゃん」、若月からも「それは止めるけど」と突っ込まれていた。

桜井は「舞台で日本舞踊の家元の女優さんとご一緒して、間近で仕草を見ていて、すごいきれいだった」と感銘を受けたことを明かし、「一応、ダンスもやっているので、人よりも仕草がきれいだったら目立てるチャンスがあるのでは」と日本舞踊に興味津々。
若月は刀に興味があるそうで、「今、日本で本当に刀を使っている人というのはあまりいないにも関わらず、ずっと受け継がれているのはすごく魅力があるものだからだと思う。殺陣とかで女性が刀を使う場面もあるので、習ってみたい」と意欲を見せていた。

KNFでは昨年、伊藤万理華(2017年12月卒業)の展覧会「伊藤万理華の脳内博覧会」を開催。今年は3人の現代美術家(川人綾、北林加奈子、島田清夏)と乃木坂46メンバーのコラボギャラリー展をメイン企画として実施するほか、メンバーが華道家元池坊や京都吉兆とのコラボ企画に参加する。

会見には他に、京都市の門川大作市長、北野天満宮の橘重十九宮司、京都吉兆の徳岡邦夫氏、華道家元池坊の次期家元・池坊専好氏、「刀剣乱舞-ONLINE-」を手がけるニトロプラスの小坂崇気氏、フジテレビ「めざましテレビ」の渡邊貴氏も出席した。
「KYOTO NIPPON FESTIVAL 2018」は、2018年10月6日(土)から12月2日(日)まで、北野天満宮 文道会館で開催。


この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでTOKYO POP LINEをフォローしよう!