乃木坂46、KYOTO NIPPON FESTIVALとコラボ 生花・料理・アートなど披露

「KYOTO NIPPON FESTIVAL 2018」記者会見

2018年10月6日(土)から12月2日(日)まで、北野天満宮 文道会館で行われる「KYOTO NIPPON FESTIVAL 2018」(KNF)にて、現代美術家と乃木坂46がコラボレーションした展示が行われることが決定。22日、都内で行われた記者会見に乃木坂46の秋元真夏、桜井玲香、若月佑美が出席した。


「KYOTO NIPPON FESTIVAL 2018」では、乃木坂46のほか、華道家元池坊、京都吉兆、オンラインゲーム「刀剣乱舞-ONLINE-」、フジテレビ「めざましライブ」などとの共同プロジェクトを実施。

華道家元池坊と乃木坂46のコラボ企画では、乃木坂46のメンバーが華道を学び、作品を発表する。
この企画に参加する桜井は学生時代、華道部に所属。「レベル的には初心者同然なんですけど、普段アイドルをしていて華道を習っていたことを披露する場面はなかなかなかったので」と生花を披露する機会を喜び、「どういう作品を作っていくのかはこれから相談させていただくんですけど、なんとなくこういうのがやりたいなというイメージはたくさん膨らんでいるので、楽しんで作っていきたい」と意気込みを語った。

京都吉兆との企画には秋元が参加。「冒険するのが怖いので創作ではないんですけど、和食をメインに自炊したりはしょっちゅうしてます」と料理し慣れているようで、「吉兆さんとコラボするっていうだけでだいぶ緊張してるんですけど、手軽に食べられて満足感のあるものだと、私たち世代の人も食べやすいのかなと思う」と構想を明かした。

第3回を迎えた「KYOTO NIPPON FESTIVAL 2018」のテーマは「POPと挑戦」。京都から発信する古典と現代の対比と称し、北野天満宮の神宝と現代アーティストの個展を軸に開催する。

若月は「アイドルというもの自体が毎日新しいことをしていかないといけないという挑戦の日々。また、私たちは音楽やダンスのパフォーマンスの中でPOPを見出していくということを日頃からやっているので、そういうものがアートとか新しい形で出せたらいいかなと思っています」とテーマについて述べ、「今、新しいものを探しがちですけど、逆にこうして日本が伝統的に大事にしてきた文化をたくさんのプロの方に教えていただいて、それを組み合わせて良い物を作れたら」と語った。


この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでTOKYO POP LINEをフォローしよう!