乃木坂46から最終メンバー決定の吉本坂46へ課題?「インフルエンサーを…」

乃木坂46

乃木坂46の秋元真夏、桜井玲香、若月佑美が22日、都内で行われた「KYOTO NIPPON FESTIVAL 2018」(KNF)の記者会見に出席。囲み取材で吉本坂46のメンバーが決定したことについてコメントを求められた。


秋元康氏がプロデュースする“坂道シリーズ第3弾”、吉本坂46の最終メンバーは今月20日に発表された。
桜井と若月は舞台「嫌われ松子の一生」で共演した、なだぎ武が合格したことに衝撃を受けた様子。「『絶対に入らないだろうね』って、ご本人とお話していたら入っちゃった」(桜井)、「まさか同じ系列のグループになっちゃうとは思ってなかった」(若月)と揃って驚きを口にした。本人にも連絡したそうで、「どこかで共演できたらいいねっていう夢ができたというお話をしました」と明かした。

秋元は「46人合格したと聞いて、今までで一番多いのかなと思って、急に巨大勢力みたいなものが出現して、しかも芸人さんが多いと思うので面白いじゃないですか? 負けてられないなとは思いますね」と対抗心露わ。
“坂道シリーズ”と認めているかと聞かれると「これからの動向を見守りたい」とし、「いつか『インフルエンサー』を完璧に踊ってほしい。そしたら坂道グループの一員です」と課題を提案。乃木坂46史上最速ダンスとされる同楽曲は、以前、バナナマンの日村勇紀が歌番組やライブで完コピを披露したことでも話題に。秋元の提案に桜井も「あ〜、それは見たいかもしれない」とうなずいていた。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでTOKYO POP LINEをフォローしよう!